京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Sentidoでバナナブレッド♪


用事を済ませ、烏丸御池へ向かいました。 美味しいカプチーノが飲みたかったから。

向かった先は

(前回の写真を使いました)

Sentido (センティード)
http://tabelog.com/kyoto/A2602/A260202/26019446/

スッキリと清潔感のある店内。
自然光も入るので明るい気持ちで過ごすことが出来ますよ。

カプチーノ

コーヒー豆はスペシャルブレンド or 本日のコーヒー、好きな方を選ぶことができます。
本日のコーヒー豆はグァテマラでした。 ミルクと相性が良く‘ココアパウダーのような香り’と表現される豆。
ミルクに負けないコーヒー豆のしっかりとした味。 
そして、こちらのカプチーノの印象はとっても華やか★  前回も「ロイヤルミルクティーのように華やかなカプチーノ」と感じたことを思い出しました。

Sentidoのカプチーノが私は大好きです。

バナナブレッド

トーストしてからサーブして下さいます。
パウンドケーキよりも詰まっていなくて軽く、トーストよりもホロッとした食感。 トッピングされているクルミのコリッとした食感が良いアクセントになっていますし、バナナとクルミは相性抜群。こういう素朴なおやつが好きです。
バターが少量ついていたので乗せてみると、パウンドケーキとバナナの甘みとがバターの塩分で引き立つようでした。 乗せても、乗せなくてもどちらも美味しい。


前はメニューになかった(と思う)メキシコ風ライスがメニューに加わっていて気になったので、今度はモーニング・コーヒーブレイク以外の時間帯(=ランチタイム)にも利用してみたいなぁと思いました。


ヤオイソのフルーツパフェ
 

最近ちょっと少食気味なので、外食に行っても量が多いと食べきれなくて困ってしまいます。先生が一緒だと私の食べきれなかった分を食べてくれるので良いのですが、1人だと…
食欲旺盛過ぎても困ってしまいますが、少食だとこういう問題が起こるのですね。


先日近所を散策してみました。
まだまだ行ったことがない所が沢山あります。その1つが烏丸通り沿い、今出川通りを上がったところにあるこちら


ヤオイソ http://yaoiso.com/

創業120年の歴史を持つ果物専門店。 有名店ですね♪


果物店の横にフルーツパーラーが併設されているので、新鮮な果物を使ったデザートがいただけるのです。
普段何種類もの果物を家にストックすることがないので(果物はフレッシュでないと美味しくないので、食べたい時に買いにいくパターンです)フルーツパーラーの存在はとても嬉しい♪


店内は学食のミニ版みたいな、そんな感じでしたが改装されたばかりということで清潔感があって気持ちが良かったです。

メニューを開くと岡山の桃パフェ、すいかフラッペ、それから1番人気のフルーツサンド… どれも美味しそうで悩んでしまいました。


最終的に宮崎マンゴーパフェと迷ったのですが、今回は定番の


フルーツパフェ★

運ばれてきた時、まずそのボリュームに驚きました。


パイナップル、バナナ、オレンジ、桃は大きくカットされていて大きな口を開けてもギリギリ入るか入らないか。いえ、ちょっとはみ出ちゃいました(笑)。
トップにトッピングされているのは巨峰。食べ進んでいくとこってりとしたホイップクリーム、バニラアイスクリーム、キウイ、パパイヤが出てくる出てくる♪


上から見るパフェも可愛らしいですね。
果物はジューシーで味が濃くてとにかくフレッシュ! 口の中で果汁が溢れ出てきます。


「満腹フルーツ」というメニューもあって、それはカットフルーツの盛り合わせなのですが、こういうメニューは朝食に良さそうだなぁと思いました。
カットフルーツの盛り合わせにオムレツ、ミューズリー、ヨーグルト。ハリウッドスターのような朝メニューが好きです。




Le Sucrier (ル・シュクリエ)
 

急にチョコレート系のケーキが食べたくなりました。 
チョコレートケーキって夏ではなく冬のイメージがあるのですが(ザッハトルテとか)、何故かこの時期に食べたくなってしまいました。

自宅から自転車で行けそうな、御所周辺で良さそうなケーキ屋さん無いかな〜?と思って調べていると何軒かあり、その中の1つ


Le Sucrier (ル・シュクリエ)  http://lesucrier.web.fc2.com/ へ。
HPの印象が良かったのでこちらに決めました。



壁に飾られた何気ない雑貨(?)がいいですね。
そういえば昔、ドライ唐辛子を作って(作って?ただ放っておいたら乾燥しますが)部屋に飾っていたことがありました。 たったそれだけで部屋にアクセントができて明るくなるので、また作ろうかなぁ〜なんて思いましたよ。


ショコラグランマニエ

ガトーショコラの上にクレームシャンティ(泡立てた生クリーム)、とてもシンプル。
しっとりとしていて重すぎないガトーショコラは、オレンジ(グランマニエの香りですね)が程よく香って夏らしいかな♪ 


コーヒーもあっさりめ。


シュガーポットを開けると、あら可愛い。

ケーキは素朴系。 店主さんの人柄がケーキに表れているようでした。
季節のケーキはチェリーとリコッタチーズのタルト、本日のスペシャリテはバナナティラミス。どちらも美味しそうですごく迷ってしまったし、ペイストリーケースの中にも惹かれるケーキが並んでいて見ているだけでワクワク。

また行かなくちゃ♪
松之助N.Y.
 

数年前まで‘毎日1ケーキ’は大袈裟だけれども、週に2、3は口にしていたケーキ。
ここ最近は和菓子にハマっていたので、あまり食べていなかったなぁ。

と思っていたら突然きました‘ケーキ気分’。


思い立ったらすぐに行動! って、ただ単純なだけ〜。 家を飛び出して向かったのは

松之助N.Y. http://www.matsunosukepie.com/

高倉通り、御池を下がったところにあります。 先日、観光客と思われる女性から 「ここに行きたいのですが…」と道を聞かれたのがこちらでした。 だからかな?私も行きたくなってしまったの(笑) 


サワークリームアップルパイが1番人気なのですよね、ここ。
なので迷いました。サワークリームアップルパイにするか、他の気になったケーキにするか。

結局、自分の気持ちを優先しました。

NYチーズケーキ と コーヒー

グラハムクラッカーを土台にするのではなく、細かく砕いたグラハムクラッカーがパラリとトッピングされています。 こういうタイプのニューヨークチーズケーキは初めて。

まったりとしてコクがあるけれど、同時にあっさり感も。 口に含むとやわらかなレモンの香りが広がります。

店内にはオーナー平野顕子さんのレシピ本が置いてあり、ケーキを堪能した後は美味しそうなレシピ本を読んで過ごしました。
平野さんは40代後半に大きな決断をされました。 2人のお子様が大学生になり、離婚をし、アメリカコネチカット州の大学に留学されたのです。 そして授業の合間には料理研究家シャロル・ジーン先生のベーキングスクールでニューイングランドの伝統菓子について学び…

うーん、パワーのある女性ですね!
「何歳になっても、やる気があれば何だって出来てしまうのよ。」  そう教えてくれている気がします。

松之助N.Yではお菓子教室も行われているので(ケーキの種類は毎月変わるようです)私も参加してみたい、と思いました。 ケーキ作りはもちろんですが、パワフルな平野先生にお会いしたい!という気持ちになったのです。
 
フランソア喫茶室
 

カフェにはよく行くけれど、そう言えば喫茶店ってあまり行かないな〜。

そう思って

フランソア喫茶室 http://www.francois1934.com/ を初訪問してみました。

ずっと前から気になっていた喫茶店です。 閉店する兆しが全くなさそうなので「いつでも行けるし」と思って先延ばし、先延ばしになっていたのです。

フランソア喫茶室は昭和9年から続く喫茶店。 行ったことはなくても、京都人だったらその存在を知らない人はいないのでは?というぐらい有名ですよね。

店内は‘THE昭和!’ なずっしりとした雰囲気でした。

昔から通っていると見られる年配のご夫婦、60代のおばさまグループが多かったです。

コーヒーをオーダーすると(何も言わなければ)クリームが浮いた状態でサーブされます。 ウィンナーコーヒーに近い感じかな(クリームの量はそれほど多くないですが)。 そして角砂糖が2つ付いてきます。

人気メニューの1つ、レアチーズケーキを一緒にいただきました。

ケーキ皿はWEDGWOODのフランセスブルーですね。 昔からウエッジウッドの食器が好きなので嬉しかったです。

ケーキはブランディーケーキ、レモンのタルト、レモンパイ、ミルフィーユ、ザッハトルテ、アメリカンショート(ダークチェリー)、ロールケーキ、ニューヨークチーズケーキなど種類は結構多い方だと思います。
トーストやサンドイッチメニューもあり、こういうところが喫茶店らしいなぁと思いました。

真っ白なレアチーズケーキは‘天使のケーキ’と呼びたくなってしまいます。
ほんのりレモンの風味がして、懐かしい味だなぁと思いました。 クリームチーズと1番相性の良いブルーベリージャムが添えてあります。
土台はグラハムクッキーではなくスポンジケーキなので、食感は最初から最後までとても滑らか。
しっかりコクはあるけれど、クリームチーズの酸味とレモンの香りで最後まで食べ飽きることなく楽しめますよ。 

「もう少し食べたい」 この量が丁度良いのですよね。 

既にレアチーズケーキが恋しいです、私 (笑)
 
Unir (ウニール)
 

カプチーノが好きです。
あまりコーヒーを口にしなかった大学生の頃はカプチーノとエスプレッソ、どっちがどっちか混乱していましたが、今はもう大丈夫(笑)  時々紅茶もいただきますが、やっぱり私はコーヒー派。
 
最近京都にも本格的なエスプレッソドリンクをいただけるカフェが増えてきていますね。
先日、Ryoさんがお薦めしてくれた

Unir (ウニール) http://www.unir-coffee.com/ へお邪魔してみました。

御幸町通り、御池を下がった西側にUnir はあります。
薄緑色の建物が意外と目立っているので、近くまで行くと気がつくはず。

カウンターでドリンクやフードを注文してから席につく、半セルフ式カフェ。

エスプレッソドリンク(カプチーノ、アメリカー、カフェラテなど)は2種類のコーヒー豆から好きな方を選ぶことができますよ。
私はブルンジという、シトラス系のスッキリした方をチョイス。 エルサルバドルは、チョコレート系の風味だそうです。

カウンター内に置いてあった

97℃のお湯が出てくるこの機械、1家に1台あったら便利ですね(笑)

カプチーノ

ここまでキレイだと、もう芸術品だと思います。

1口いただくと、「生クリームが加えてある?」と思うほどのコク。こっくりとしていましたきっとこれはスチームミルクがきめ細かいからそう感じたのでしょう。 そして、コクの中にキリリとしたエスプレッソを感じます。


本当はこちらで人気のサンド(チャバタとバケットのサンド)をいただきたかったのですが、この日は売り切れ、しかも他のパンも売り切れてしまっていたので、次回のお楽しみにします。 ケーキ(ガトーショコラ)とクッキー盛り合わせはまだ残っていたのですが、体が食事系を求めていたので…

コーヒー器具やコーヒー豆も充実しています。 コーヒー豆はオーナーの山本さんお薦めのトップクォリティの豆のみ販売しているのだそうで、今度私もこちらでコーヒー豆を購入してみたいなぁ。

スッキリ!!な内装。

2階もあり、そちらではコーヒースクールなどを開催するそうで、私もとっても興味があります。
特にラテアートのクラス!!是非してほしいです。

codama cafeでモーニング♪
 

雨の日は出かけるのが面倒になってしまいますが‘美味しいモーニング’という目的があれば何のその(笑)
バスを乗り継いで目的地へ向かいました。

あの… バスって5000円札も使えないのですね? 1万円札だったら分かる気もするのですが、5000円札も両替不可だそうで…。  うーん、これからはバスに乗る時には事前に小銭or1000円札がお財布に入っていることを確認してからにしようと思いました。


バス停(洛北高校前で下車)から徒歩3分で目的地に到着。


codama cafe (コダマカフェ)
http://ameblo.jp/codama-cafe/
http://r.tabelog.com/kyoto/A2605/A260503/26017608/


とっても素朴な雰囲気のカフェでした。

30代後半の男性、年配のご夫婦、30代前半のカップル、そして私の隣には年配の女性が。 客層はバラバラですが、みなさんそれぞれの時間を楽しんでいるようでした。

喫煙可なので煙が絶対NGという方は難しいかもしれませんが、犬の嗅覚を持つ私でさえそれほど気にならない程度でした。

グラスがレトロで可愛らしい 飲み口に向かってチューリップ型に開いているので女性らしさも感じられるグラス。


モーニングは8:00〜11:00までいただけます。
トーストセットとマフィンセットがあり、ドリンクが付いて¥500です。

私はマフィンのセット=コダマフィンセットをオーダー。

コダマフィンは定番もの(プレーン、ちょこバナナ、シナモンリンゴ、キャラメルナッツ、抹茶あんこ)と、気まぐれ(黒ごまホワイトチョコ、黒豆きなこ、チャイ、マンゴーパインココナッツ、ラムチーズなど)があり、私は定番の‘ちょこバナナ’を。

トーストされたマフィンは外側サクッ、ホカホカ、ふんわり、そしてしっとり。

チョコレートが良い具合に溶けていて生地に馴染んでいます。 バナナのねっとりも良い感じ。

チョコレートとバナナの組み合わせって何でこんなに合うのでしょう。 ほーーーんと好きです。


コダマフィンセットはモーニング以外の時間帯でも¥650でいただけるので、11:00までに間に合わなかった時でも大丈夫(500円ではないけれど)。

コーヒーカップもちょっとレトロ。
普段家でコーヒー飲む時私はマグカップですが、コーヒーカップ(とソーサーのセット)でいただいた方がゆったりとした時間が過ごせそうですね。
これから素敵なコーヒーカップ探しをしてみようと思います。

店内には小説、雑誌、マンガなどがありましたが、私が気になったのはこの‘codama cafeができるまで’のノートブック。
高校の同級生だったという2人がオープンさせたcodama cafe。 自力で(時々プロの力を借りて)内装や外観を作り上げていく様子が収められていているアルバムです。
これを見た後に店内を改めて観察してみると、今度はさっきとはちょっと違った目線で見られて面白いかもしれません。

例えばこの壁も

「あぁ、2人で頑張ってペンキ塗ったんだなぁ。手も首も背中も痛くなって大変だっただろうなぁ。」とか。
壁も床もお手洗いも… Before→After 全然違います。
行かれた方はぜひこのアルバムを見て感心して下さいね。


帰りは最寄り駅の北山まで歩くことにしました。 カフェから北山までは徒歩15分ぐらい、かな。

カフェの周りはこんな雰囲気。 緑いっぱいで空気も良いですよ。 息を吸って、吐いて、吸って…体の中の空気の入れ換えをしました(笑)

 「iPhoneがあれば絶対迷子にならない!」と信じている私。 iPhoneのマップを使って駅まで歩き始めたのですが… 何と何と迷ってしまいました。
女性は方向音痴な人が多いというけれど、私もやっぱりそうなんだなぁと実感。 結局地元の人に道を尋ねて無事北山駅に辿り着きましたよ。

次回は迷わず行けるはず。

ここちcafe
 

韓国人のお友達ができました★
現在京都の某大学に通う大学生のSちゃん。 これから彼女に韓国語を教えてもらうことになりましたでもSちゃん、日本語もパーフェクトなので、私もついつい甘えて日本語で話してしまいそう… ダメダメ!!


初めて会った日にSちゃんが連れて行ってくれたのがこちら。


(外観の写真はここちCafeのブログからお借りしました)

ここちCafe
 
http://kokochicafe.jugem.jp/

ランチ、火曜日はベトナム料理、水曜日はタイ料理、木曜日はミャンマー料理、日曜日は韓国料理だそうです。
この火は火曜日だったので…

カフェというよりも友人宅へお邪魔したような、堅苦しくない雰囲気の店内。 畳へごろ〜んと寝っ転がって本が読みたくなってしまいますね。


この日はランチではなく、甘い物を〜。

Sちゃんオーダーの抹茶フロートはミルクたっぷりでとってもまろやか。


チョコバナナスペシャル

バナナ、ホイップクリーム、バニラアイスクリーム、ワッフルにチョコレートソースがた〜っぷりかかっています。
ナイフを使わなくても良いように、1口の大きさにカットしてくれているのがまた嬉しかったです。
ボリュームたっぷりなのにお腹にスーッと入ってしまうのが不思議… 表面がカリッ、中がしっとりとしているのできっと最後まで食べ飽きないのですね。 それに、見た目ほど重くないのです。

甘い物にはやっぱりコーヒー!

コーヒーとワッフル★ 幸せな組み合わせですね。
ワッフルメーカーを買えば、自宅でもこの幸せを味わえるのですよねぇ。 買おうかしら…ワッフルメーカー。
でも最近ホームベーカリーとスムージーミキサーも欲しいと思っていたし… 今ヨドバシカメラに行ったら私、勢いで全部買ってしまいそうです(笑)
ハンデルスベーゲン


北山の方に用事があったので、その帰りに休憩がてら寄り道をしました。

ハンデルス ベーゲン http://www.handelsvagen.com/
北山駅、進々堂のすぐ近くにあるジェラート専門店です。

店名の‘ハンデルスベーゲン’は、スウェーデン・ストックホルムの郊外にある道の名前からつけたのだそうです。 こちらはテイクアウトはもちろん、イートインが出来ますよ。

イメージキャラクターかな?

本日の客層は幼稚園の子ども、マダム、70代ぐらいの女性と幅広いです。 子どもから大人まで、ジェラートって美味しくいただけますものね
私も大好き! 高校生の頃(学校に内緒で)ジェラート専門店でアルバイトをしていたほど。 休憩時間にジェラートが食べられるとのことだったのでアルバイトをしようと(笑) 昔から食いしん坊なのは変わりません。

16種類のジェラートからどれにしようか選ぶのは楽しいですね。 ウキウキします。

バニラ、チョコレート、ザヴァイオーネ、ピスタチオ、ベリーヨーグルト、苺のチーズケーキ、メープルシロップアーモンド、ファインソルト、ロイヤルミルクティー、キウイソルベ、マンゴーラズベリーソルベ…

カップはS(350円)とM(490円)があり、ワッフルコーンは+80円。
何と!どのカップでもワッフルでも、値段は変わらずジェラートは何種類でも入れて下さいます。

私はカップのSにしました。 悩んだ挙げ句、ジェラートは苺のチーズケーキ、バナナチョコチップ、チョコレートの3種類。
チョコレートは人気No.3のジェラートだそうです。 ちなみにNo.1はベリーヨーグルト。

どれも濃厚でリッチで美味しかったのですが、私は中でも苺のチーズケーキが★ ホロッと崩れるタルト生地の食感が本物に近くて好きでした。

甘さはしっかりとしているので、コーヒーを一緒に注文するのがオススメ。 コーヒーはオーダー後に豆を挽いて入れてくれるので鮮度も良いですよ。

私は、真夏よりもこの時期の方がジェラートが美味しく感じます。 真冬のジェラートも好き。
気になった他のフレーバーをいただきに、また近いうちに北山へ行こーっと!
先月(4月30日)に北大路店もオープンしています。
喫茶fe カフェっさ


マトちゃんとメメントモリでランチ、平安神宮をまわった後はコーヒー気分になって

喫茶fe カフェっさ http://www.kissafecafessa.com/ へ向かいました。

案内は1度モーニングをしたというマトちゃんがしてくれたので、私はマトちゃんの後をついていっただけ。 「1人でもう1度行って下さい」 と言われたら… 自力では行けません(笑)  強い味方=iPhoneがあるので、iPhoneを頼れば行けますが。

ちょっとレトロ調な時計が良い感じ。

‘喫茶fe カフェっさ’って喫茶店? カフェ? どっち?? そもそも喫茶店とカフェの違いって何?



答えは アルコールを扱っているのがカフェ、扱っていないのが喫茶店だそうです。

ということは、喫茶fe カフェっさはカフェですね! ビールやワインがメニューに書かれていましたから。
フードメニューはナポリタンやミートソーススパゲティー、オムライス、トースト、ピザトーストと喫茶店のようですが。

店内の雰囲気も喫茶店のよう。
ま、居心地が良ければ喫茶店でもカフェでもどちらでも良いのですが

油絵のキャンパスが表紙のメニュー。オシャレですね。

こちらは定期的に変わるメニューかな?
今回はコーヒーのみをいただいたので、次回はケーキもいただかないと

ブレンドコーヒーは深煎り・中煎り・浅煎り、その他にもマンデリンやタンザニアなど、コーヒーの種類が多くて嬉しいです。 私はブレンドコーヒーの中煎りをいただきました。

カップの持ち手に注目。

ソーサーも。
‘ホッ’の文字を見て私もホッとしました。

そして、コーヒーを飲み終えると

からっぽ、って可愛い〜。 ‘遊び’があって良いですね。

よく、子ども用のお茶碗の内側に‘ごちそうさま’とかイラストが描かれていることがありますよね? 全部食べ終えると見られるようになっている… あれを思い出しました。


いつか、喫茶fe カフェっさでモーニングをしようとマトちゃんと約束をしました。
モーニングって滅多に行かないので楽しみです。
喫茶店のモーニングってトースト・ゆで卵・サラダ・コーヒーと特別凝ったものではないはずなのに(家でも簡単に用意することが出来るのに)何故か美味しく感じられますよね。 同じメニューを家で食べても… まぁ普通な感じなのに、場所が変わると美味しく感じられる。

‘何を食べるか’より‘どう食べるか’が大切。 こういうことですね。