京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LAQUEに行ってきました

昨日 四条烏丸のLAQUE(ラクエ)http://laque.jp/ に行ってきました。


実は行く前はそれ程期待していなかったのですが…
いやぁ〜、行ってみて良かったです。好きです、私。


LAQUEは3階建て+地下、計4フロアからなっています。
全てのShopを紹介することは出来ないので、特に印象に残った所のみ紹介させていただきますね。


空いたスペースに飾られたオブジェも素敵でした。


まずは3階から

北欧.スタイル+1アンティカとモダンが素敵でした。
こちらは北欧やイギリスのヴィンテージアイテムを取り扱った家具・雑貨屋さんです。 北欧の家具はシンプルで無駄がなく、木目を生かしたデザインのものが多いですよね? Japaneseスタイルの部屋にもマッチすると思います。お値段は決して安くはないけれど、長く…使えば使うほど味が出るようなものばかりです。
店内で20代のサラリーマン2人が「こういう家具が買えるようになりたいよな」と話しているのが聞こえてきました。頑張れ〜!


2階へ移動して

F.O.B COOP(フォブコープ)
現代都市生活者のための、デザイン性があり機能的な雑貨・家具・食器を扱うお店。テイクアウト用(カフェも併用しています)にジェラートやドイツパンも販売していました。プレッツエルと餡子の入ったクロワッサン(餡子キッフェル?)が美味しそうでした。


1階へ降りて

PYLONES(ピローヌ)
パリの雑貨ブランドです。カラフルで個性的なものばかり! 友人の子供(1才、2才)にプレゼントしたら喜んでくれそうなヘアーブラシやヘアピン、ポシェット、マスカラやエプロンが揃っていました。


そして1番楽しみにしていたB1階へ

中川政七商店
温故知新をコンセプトにした‘暮らしの道具’のお店。
伝統と新規がうまく合わさっているお店だなぁと思いました。入って左側に置いてあった布巾、やっぱり買おーっと。


蜂蜜屋 京都かねいち


蜂蜜好きの私は興味深々。特に‘用途提案型蜂蜜’はユニークです。紅茶用、お風呂用、洗顔用、炊飯用、カレー用、チーズ用、ホットケーキ用…それぞれに適した蜂蜜が販売されているのです。
今後、蜂蜜用品の勉強会やお料理教室を開催する予定らしく、私は今から楽しみです。


クリスチャン トルチュ


“L’art de vivre(美的生活)”をコンセプトに、世界的に活躍するパリのフラワーアーティスト、クリスチャン・トルチュのフラワーショップ。知的で優雅な女性に似合いそうなお花が並んでいます。


そして

ヴィノスやまざき


こちらは直輸入型のワインショップです。全ての生産者の元にスタッフが訪問し→交渉し→船積みから海上輸送まで手がけたワインばかりが揃っています。他店で見たことのないワインが多く、見てまわるだけでも楽しめてしまいました。併設したワンバーでは週替わりのワインをいただけるそう♪
こちらでワインを購入したので、いただいてから後日紹介させていただきますね。


さて、今日はボジョレー・ヌーヴォ解禁日!!
…ボージョレ・ヌーヴォーと表記するのが正しいそうですが、ボジョレーと表記されている所の方が多いですよね。私はどちらでも良いと思っています。フランス語をカタカナに置き換える時点で微妙に変わってしまうものだと思っているから。
それよりも楽しんで飲むことが大切★

ということで、昨日に引き続き今日もまたLAQUEに行ってきます。早めに行かないと例のものが無くなってしまう…
昼間の温泉は気持ちがいいね
 
貴船神社へ行ったら、是非寄り道してほしいのがくらま温泉

比叡電鉄で貴船口駅から鞍馬駅へ移動します。

貴船神社から鞍馬方面へは徒歩で移動するのも良さそう。
だけど結構な時間山道を歩くらしいので、私は電車で移動しました(この時もう既に歩き疲れていたから〜)。

鞍馬駅を降りると、電車の時間に合わせて送迎バスが待っていてくれるので安心です。
送迎バスに乗って2分程で目的地に到着。

こっち↑の入口は宿泊者や食事をする人たち用で、温泉のみの人は

この階段↑を上ります。
タオルはレンタルしているので手ぶらで大丈夫。

平日の1時頃。
「この時間帯だったら空いているんじゃないかな?」と思ったら (ほら、ランチ食べてすぐに温泉に浸かる人は少なそうだから)予想通り。

外は涼しくて温泉日和。
大自然に囲まれた露天風呂は気持ちがいいよ〜♪

エステに行くよりもリラックスできるんじゃないかな♪
・・・って、エステに行かない私が言うのも変だけど(笑)

とぉ〜ってもリラックスできました。もちろんお肌もつるつる♪


 くらま温泉
http://www.kurama-onsen.co.jp/
雨の日、建仁寺へ

雨の日の観光どうしよう?? 傘をさしても濡れちゃうし、何処へ行こう???

出来るだけ濡れない所・・・


あ!修学旅行で行ったあそこへ行こう!!

建仁寺 (けんにんじ)
 http://www.kenninji.jp/

日本最古の禅宗の本山寺院。


あれ、修学旅行の時見逃したのかなぁ?初めて実物を見た気がします。

‘風神雷神図屏風’
左が雷神、右が風神。 険しい顔をしているけれど尖っていない、柔らかい表情。


〇△☐ 


この意味は??


‘〇△☐乃庭’

地 水 火 風
地が☐、水が〇、火が△で風は庭に満ちあふれている空気のことで見えないのだそう。

雨がしとしと降っています。 草木・小石に雨の滴る音、匂いで心が落ち着きます。


唐子遊戯図

ズームアップ!

楽しそうに遊ぶ唐子たち。 見ている私も何だか楽しくなってきました。


ここは

ガイドブックでもよく紹介されている写真ですね。
小石でびっしりと整ったお庭。

こんな風に座ってお庭を眺めていると、無心になるから不思議。


障子越しに見る庭園、素敵です。


建仁寺の主役(?)

‘双龍図’

目に入った瞬間「うわぁ〜」と声が出てしまいました。 とにかくすごい迫力!

この天井画は建仁寺開創800年を記念して、鎌倉在住の日本画家小泉淳作氏によって描かれたもの。 大きさは縦11.4メートル、横15.7メートル=畳108枚分あり、丈夫な和紙に墨を使用して描かれています。 製作は北海道中札内村の小学校の体育館で行われ、約1年10ヶ月の歳月をかけて完成されました。

建仁当時から描かれていたと思っていたら、意外と歴史は浅い(?)のですね。



建仁寺を見てまわり、私の心は静まりました。
頭・心の中を‘無’にする時間が現代人には必要なんだなぁと改めて思いました。




私のパワースポット!
 
パワースポット
聖地・気場ともいい、生命や活動の源となるエネルギーが集中している場所。

科学的根拠はないらしいけれど、その場所へ行くと何らかの要因で元気が出たり、体のリズムが整ったり、波長が良くなったり・・・

京都滞在中、私のパワースポット見つけました!
それは・・・貴船神社とその周辺。
http://kibune.jp/jinja/


一昨日、ベッドに入ったのは4:00a.m.過ぎ。で、起きたのは8:00a.m.
興奮していて眠れませんでした。遠足前日の小学生みたいに(笑)
無理して寝たって仕方がない。ベッドを抜け出して、ちょっと遠出をしました。

宿泊ホテルは四条烏丸。
市バスで出町柳駅まで行き、比叡電鉄に乗り換えました。 比叡電鉄は2両編成。

1番前に座って外の景色を眺めながら向かったのは

貴船口駅。
バスも出ているけれど、私は歩いてみることにしました。

だって、こぉ〜んなに素敵な景色が待っているです。

雨上がりのこの日は、木々や葉っぱ、土の匂いがとても爽やか。
風を感じながら歩いていると湿った空気、霧が顔にふりかかって気持ちがい〜いっ!!

私の前にも後ろにも、歩いている人は誰もいません。こんな大自然を独り占めできてラッキー♪
聞こえるのは滝のせせらぎ、葉っぱのサワサワと擦れ合う音、小鳥のさえずり。
自然が醸し出す音、匂いで体の中が浄化されていくよう・・・

目的地まではもうすぐです。

これこれ、楽しみにしていました。

水占おみくじは、貴船山から湧き出す‘ご神水’に浸すと文字が浮き出すユニークなおみくじ。
このお水は3年以上汲み置きしても腐らないと言われている名水です。

何と出たかは内緒〜。

さぁさ、先へ行きましょう。

和泉式部の歌碑です。
貴船神社は古来、恋を祈る社でもありました。
和泉式部は夫との仲がうまくいかず、貴船神社にお参りをし、貴船川に飛ぶ蛍を見て切ない心情を歌に託して祈願しました。すると社殿の中から慰めの返音が聞こえてきてほどなく願いが叶えられ、夫婦仲が元のように円滑になったということです。

ものおもへば沢の蛍もわが身より あくがれいづる魂かとぞみる
あれこれと思い悩んでここまで来ますと、蛍が貴船川一面に飛んでいます。そのはかない光はまるで自分の魂が体から抜け出て飛んでいるようである

御返し
おく山にたぎぞりて落つる滝つ瀬の 玉ちるばかりものな思ひそ
しぶきをあげて飛び散る奥山の滝の水玉のように‘魂が抜け出て飛び散り消えていく=死ぬかと思うほど’そんなに深く考えなさるなよ)


仲がこじれ、元の仲に戻りたいと願う夫婦にはぴったりの場所ではでしょうか。


連理の杉を見ることができて嬉しかったです。
好きで一緒になった(=結婚した)相手とは、一生仲良くいたいと思うから★

右側の狛犬をズームアップ!

こんな可愛い狛犬を見たのは初めてです。

貴船神社に来て良かった・・・

2時間以上歩き続けたけれど、不思議と疲労感は全く感じませんでした。逆に体が軽くなったような・・・心もスーッと軽くなりました。
きっとここは私のパワースポットなのでしょう。



いつも幸せだけど、更なる‘開運’を願って・・・
鈴のチリンチリン♪という音を聞くたびに何だか幸せな気持ちになります。







 

 
願いごとを叶えてくれる橋
 
観光は基本的に1人でします。
考えてみると今まで仲の良い友達とも‘観光’ってしたことがないかもしれません。
団体行動より単独行動派(もちろん皆と合わせなければならないような時は合わせますよ!)。
単独行動だと気に入った所があれば時間を考えずに好きなだけ居られるし、「ここは前にも来たし、パスしよう」と思えば行かないことも出来るし、気楽なんです。

今回の京都旅行は単独行動。
だから1日の行動計画みたいなものを決めずに、好きにふら〜っと動いています。


今日は雨の中、何ヶ所か廻りました。


まずは


御池通り、二条城の向かい側に位置する神泉苑(しんせんえん)
常に清らかな神泉が湧き出ていることから‘神泉苑’と名付けられたのだそう。




平安京最古の庭園。
ここは昔、天皇や貴族が船遊びや観花などの遊宴を行う禁苑(天皇の庭園)でした。



あ!


アヒル発見!!!
私が近寄っても逃げる気配全くなし。とってもマイペースなアヒル君。


色鮮やかな朱色の橋=法成橋(ほうじょうはし)


この橋を渡りたくて今日訪れたんです♪

だって・・・


約14mのこの橋を、願い事を1つだけ念じながらゆっくりと渡ると願いが叶うと言われているのです。

橋を渡る前に


このお守りが必要になります。


願い事を強く念じながらゆっくりと橋を渡りました。願い事はもちろん内緒(言ってしまったら叶わない気がするから・・・叶ったらその時に報告しますね)。


橋を渡り終わって後ろを振り返ると



あら?さっきのアヒル君。
私の後に一緒に付いてきたようです。人なつっこくて可愛い。


二条城は観光客が多くて混雑していたけれど、神泉苑は誰もいませんでした。観光客は私1人。
とても静かに見て廻れて良かったです。





京都の旅、始まり始まり〜
 
1人で京都の某ホテルに宿泊しています。
先生も夕方まで一緒に京都にいたのですが、明日も朝から仕事のため日帰りです(残念です・・・先生に連休を!!!)。



今日は先生と哲学のを歩きました。ここは私たちにとって思い出の道。


5年前の4月1日、京都生活がスタートしました。東京から京都に移ったこの日、哲学の道を歩きました。 「東京に戻りたい・・・」という強い思いを心に隠し(隠れてなかったみたいだけど)哲学の道を歩きました。

哲学の道はこの時期=桜の時期、とてもキレイ。


満開の時期は逃してしまったけど、十分キレイで満足です。
タクシーの運転手さん曰く「明日の雨で桜散っちゃうね〜」とのこと。
間に合ってよかったぁ〜。


夜はスタバ時代の友人Yuちゃん(同じ年=29歳)に会いました。
私 同じ年の友人って少ないんですけど、Yuちゃんとは色々話も合うし、目標に向かって頑張っているこの境遇が似ているので、お互いを励まし合える良い関係。
ビールとおつまみ、ハイボールなんかを飲みながら楽しい時間を過ごしました。


今日は歩き疲れたのでそろそろ寝ようかな。
明日は雨・・・
夕方からの予定は決まっているけれど、それまではまだ未定。
何処へ行こうか考え中です♪


お休みなさ〜い。