京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
洋風のじゃがいもの煮っ転がし
 
毎日の食事、皆さんは何を参考にして作っていますか?

レシピ本、COOKPAD、お気に入りのレシピサイト、キューピー3分クッキング(笑)?勘を頼りに??

私はですねぇ、お気に入りのレシピサイトを参考にすることが多いかな。レシピ本もいーーーっぱい持っていて「今日は〇ページのコレ作ろう!」と思う時もあるけれど、インターネットを活用することが多いです。

お気に入りのサイトの1つがこちら。
Quality of Life By JUNA
http://sokuwanblog.blog4.fc2.com/管理者=JUNAさんは独特なキャラクターで、最初見た時は「何、この人」って思ったの(笑) でもね、読んでいくうちにいつの間にか夢中になっていた・・・。今では毎日チェックせずにはいられないほどのファンになっています。
面白いので良かったらチェックしてみて下さい。


私も先生もあまりじゃがいもが好きな方ではないので、じゃがいもって買わないんです。前回じゃがいもを買ったのは確かポテトコロッケを作った時だから・・・5年以上も前だわ!びっくり。

でもね、JUNAさんのサイトに美味しそうなじゃがいも料理が紹介されていて、食べた〜いっ!と思った。それがレシピ↓
http://sokuwanblog.blog4.fc2.com/blog-entry-862.html
早速じゃがいも買いにスーパーへ行きました。5年振りにじゃがいも購入〜。


洋風のじゃがいもの煮っ転がし



(2〜3人分)
材料:
じゃがいも 4個(400g)
ベーコン(ブロック) 100g
アスパラ 4〜5本
オリーブオイル 大さじ1
バター 20g
ブラックペッパー
醤油・酒・みりん 各大さじ1

1.じゃがいもの皮をむき、1口サイズにカットする
  アスパラは下の部分をピーラーでむいて3等分に、ベーコンは5mm幅にカットする

2.じゃがいもを水でぬらし、ラップに包んでチンする(500Wで5分)

3.フライパンにオリーブオイルを入れ、アスパラ、じゃがいもを炒める。表面がほんのり色づいたらベーコンを加えてさらに炒める。

4.調味料&バターを加えて食材と絡めるように炒め、ブラックペッパーをふりかける。


これ、とっても美味しい★
ピールにも白ワインにもぴったりの1品です。

これをきっかけに、他のじゃがいも料理も作ってみよう!と思いました。



 

春菊と梅干を合わせたら・・・
 
 最近‘春菊’にハマっています。
 やっぱり旬のものは美味しいと思う。
 
 独特の香りが良いですよね。
 子供の頃は絶対に食べられなかったなぁ。両親が‘美味しい、美味しい’言いながら食べているのを見て「大人って変〜!」と思ったもの。

 春菊にはカロチン、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンK、カルシウム、鉄分などが含まれています。ビタミン剤を摂るよりも、春菊を食べよう!って思います。
 春菊の香りに含まれている成分は、自律神経に作用し、胃腸を活性化し、咳・痰を抑える効果があります。 まさにこの時期に必要な野菜ですね。

 春菊をただ炒めただけのシンプルな食べ方も好きだけど、昨日はCOOKPADを参考に、炒め物ではない春菊料理を作ってみました。


  春菊の梅干和え

 <材料 2人分>
 春菊 1把
 梅干 大粒のもの4つ
 みりん 小さじ1
 醤油 小さじ1/2
 かつおダシの粉末 ひとふり
 白ゴマ 好きなだけ

 1.春菊は4等分にカットし、さっと茹でます。茹でたら水気をしっかりと切っておく。
 (固い茎の方から順に茹でて下さい)
 
 2.梅干は種を除き、果肉の部分を叩きます。

 3.ボウルにみりん、醤油、かつおダシを入れたら、春菊と梅干と白ゴマも加え、よ〜く混ぜる。

 たったこれだけ。
 作る前は「梅干と春菊。どっちも個性の強いものなのに、ホントに合うの?」と思っていたのだけれど、これが本当に相性が良くて美味しいの★ ゴマはた〜っぷり入れると美味しいですよ。
 あっさりしているから、例えば脂ののった焼き魚や、豚の角煮がメインの時に副菜として出すのがいいかもしれません。

 
 ちなみにウチは脂ののったホッケ。
 こちらは先生の食べかけです。