京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ラベンダー風味?


私もう、一生ガレット離れ出来ないと思います。
本場のガレットを口にしたことがないのにガレットを語ってはいけないかもしれませんが(?)、2年以内にはフランスへ行きますよ〜
行きたい国は沢山あるのですが、フランスはその中でもベスト3に入っていますから。


先日は友人のMちゃんのリクエストで ギャルソンクレープ へ行ってきました。
http://r.tabelog.com/kyoto/A2602/A260201/26017724/


Mちゃんがシードルをオーダーしたので私もつられて

(うーん、写真だと分かりにくいかな)随分と大きなカップです。 しかも並々注いでくださいました。 きっと現地もこんな感じに太っ腹に注いでくれるのでしょうねー。

こちらのシードル、ブルターニュ地方の中で最も評価の高いシードルなのだそうですよ。


私は今回はガレットではなく、クレープをいただいてみることにしました。

黄桃と自家製塩バターキャラメル ラベンダー味

熱で良い感じに溶けているマシュマロ  塩バターキャラメルのコク・塩気と相性の良い組み合わせです。  材料にラベンダーウォーターを使っているそうで、ほのかにラベンダーの香りがします。最後に鼻からフワッとラベンダーの香りが抜ける感じ。
リラックス効果があるかもしれませんね!

そば粉で作るガレットに比べ、薄力粉で作るクレープはサラッとしていてモチッと感が優れています。 クレープを口にするのは久しぶり(いつもガレットなので)。 もちろん文句なしに美味しいのですが、そば粉好きな私は 「このデザートクレープ、ガレット生地で作ったらどうなるんだろう?」 とついつい思ってしまいました。


次回はメニューに載っていたフレーバービール(ラズベリー・レモン・ピーチ)か、スパークリングワインカクテル(ローズ・ピーチ・ラベンダーなど)と一緒にガレット(or クレープ)をいただいてみたいと思います。
soba cafe さらざん
 

五条にあるガレット専門店
soba cafe さらざん http://www.sarrasin-kyoto.com/ で先日ランチをしてきました。
 「美味しいガレットが食べたい」 と友人=Mちゃんのリクエストでこちらに決めました。 Mちゃんと+2人友人を誘って行ったので

ボトルでシードルをいただくことにしました。
擦りリンゴのような風味で、アルコール度数も低いので飲みやすいですよ。


ガレット、私は

季節のガレット ‘さっぱりキャベツとソーセージのイエローガレット’ をオーダー。
生地にカレー粉が混ぜてあってほんのり黄色味がかっています。 そしてほのかにエスニックな香りが広がります。

じゃがいもの濃い味のするマッシュポテトの上に2本異なる種類のソーセージがのっています。
シードルをボトルで頼んでしまったので飲みませんでしたが、ビールや白ワインもよく合うはず!

さらざんのガレット生地はと・に・か・く!!ソバの香りがガツンと強く、お蕎麦並みに(いえ、それ以上かも)そば粉の香りを堪能できるのです。 私は今まで色んなガレット屋さんでガレットをいただいてきましたが、さらざんのガレットが1番そば粉の香りが華やかに香ります。  

温かいそば茶もいただき、ほっこりとした時間を過ごしました。
さらざんでいただける韃靼そば茶はとても旨味が強くて美味しくて好き!  このそば茶、レジ横に置いてあって販売されているので、私は家でも入れて飲んでいます。

カフェ奥の本棚にはフランスの旅行写真もあって現地の様子を見ることが出来るのですが、写真を見ていると私の妄想癖が始まります。
宝くじが当選したらまず行きたい場所(笑)、フランス。 やっぱり本場のガレットを食べてみたいなぁ

デザートガレット
 
もう5月も後半ですね。
日が経つのが早い気がします。

前回行ったのは… 確か去年の12月だったはず!

ギャルソンクレープ http://r.tabelog.com/kyoto/A2602/A260201/26017724/


本心は白ワインをいただきたかったのですが、お昼間だったのでアイスコーヒーを。 でも、ワイングラスに入っているとそれだけで美味しさが増す気がします。


生パイナップル、バナナ、オレンジ、キウイ、りんご…
フルーツを使ったデザートガレットは種類が多く、どれにしようか悩みます。 大好きなバナナのガレットにしようと思ったけれど、お店に入った瞬間に 「日に焼けましたね」 とお店のお兄さんに言われてしまったので 「ビタミンC摂ろう!」と思い直し

生オレンジとヌテラチョコレートソース
にしました。
プレートはハート型で可愛らしいです。

中にはマシュマロも隠れています。 熱で少し溶けたマシュマロって美味しいですよね。ホットココアにマシュマロを浮かべるのも好き〜。 ホワッと口の中で溶けていくマシュマロ

ガレット生地はしっとり、モチッとしていて美味しいです。

近いうちに友人を連れて行く予定なので、その時は何をいただこうか今からワクワクしています。


バナナのシュクレ
 
BSプレミアムで放送されている‘アインシュタインの眼’。 本日の内容は‘美味しい紅茶のいれ方’でした。 見た方いらっしゃいますか?
‘美味しい紅茶’=心地の良い渋み、スーッ切れの良い渋み、もう1口飲みたくなるような味わいの紅茶をいれるコツを特殊カメラを使って検証していくのですが、これがなかなかマニアックな実験で面白かったです。

美味しい紅茶の入れ方でまず大切なのはお湯の温度。 紅茶をいれる際、今まで私はしっかり沸騰させたお湯を使っていたけれど、沸騰直前=95℃のお湯がベストなんだそう。  
そして、紅茶を1番美味しく飲める温度は62〜65℃。 時間が経って、飲む温度が低くなると渋みが増すのだそうで… うーん、知らなかったです。
それからミルクティーを飲む時、皆さんは紅茶にミルクを入れますか? ミルクに紅茶を入れますか?
紅茶にミルクを入れるよりも、ミルクに紅茶を入れる方が分離せず均一に混ざるので美味しいのだそうですよ。

同じ茶葉、同じ水道水を使っても、入れる時の・飲む時の少しの温度の違いで紅茶の味が変わる… 面白いですよね。 私も次に紅茶をいれる時には正しい方法で試してみようと思います



さて、先日またまた


Soba cafe さらざん http://www.sarrasin-kyoto.com/ へ行ってきました。

まだガレットを食べたことがないという友人の1人が「連れてって〜」と言っていたので、ここに決めました。
さらざんのガレットはそば粉の香りが力強くて好きなんです★ 国産のそば粉を数種類ブレンドしているそうなのですが、きっとその比率が黄金比なんでしょうね〜。


私は


バナナのシュクレをいただきました。
シュクレというのはフランス語で‘甘い’という意味です。 そう、つまりデザートガレット。


焼いたバナナとクルミ、バニラアイスクリーム、チョコレートソース、蜂蜜、そして蕎麦の実とそばチップスがトッピングされています。

何にも乗せなくても、それだけで美味しいさらざんのガレット生地ですが、この組み合わせはやっぱり最高焼き立てのガレット生地にアイスクリームを乗せているので、その温度差を楽しむのもまた面白いのです。
焼きバナナは生(?)よりも甘みが強く、トロッとしたバナナの食感はガレット生地ともアイスクリームともよく合います。
それに、バナナは焼いた方が、バナナに含まれているオリゴ糖が増えるので腸に良いんですよ。


ガレットって1枚でお腹が膨れてしまうから、本当は食事系とデザート系のガレットの両方を食べたいのだけれど、私はいつもどちらかで我慢しています。 一緒に行った友人は2枚食べていたけれど(笑)

あぁ、この記事を書いていたら、またさらざんのガレットが食べたくなってきました。

関西日仏学館で
 
百万遍の交差点を下がった所にある 関西日仏学館 http://ifjk.jp/ 
色んなイベントや講座を開催していて、なかなか面白いのです。

月1回行われているマルシェ、本当は毎月行きたいのですが… 私、どうしても寒さには勝てないので 春がくるまでマルシェは断念しようと思っています。
冷え性体質で悩む女性は多いと思うのですが、私もその1人。冬に外を出歩くとすぐに風邪をひいてしまいます。 体が冷えないように厚着を心がけてはいるのですが、これからの時期もっともっと気をつけないといけません。


さて、この日はマトちゃんhttp://ameblo.jp/matochan700/ とランチをした後で、マトちゃんの次の予定(日仏学館のワイン講座)まで1時間半ぐらい時間があったので館内のLe Café (ル・カフェ) で過ごすことにしました。



マトちゃんは赤ワイン、私は白ワイン。



マトちゃんのオーダーはハムとチーズのバケットサンドウィッチ。


私は


バナナとチョコレートソースのクレープをいただきました。

生地はモチッとして美味しいです。
クレープと言えば‘チョコ&バナナ’の組み合わせでしょう! クレープ屋さんへ行くと様々な種類のクレープがあるのに、やっぱりいつもチョコ&バナナを選んでしまいます。

クレープをいただきながら 「Le Café でもガレット始めればいいのに〜」 と思いました。
ガレット始めたら、きっと流行ると思うけどなぁ。
今度はクレープを…

東京へ行っていました。 そして明後日からまたちょこっと遠征へ…

最近あまり京都に居ない私ですが、京都に戻ってくると心が‘ホッ’とします。


京都駅に到着し、そのまま向かったのはお気に入りのガレット&クレープ専門店


ギャルソンクレープ 
http://r.tabelog.com/kyoto/A2602/A260201/26017724/

またまた行ってきました。

ここのお兄さん(=店主さん)の人なつっこい笑顔を見ると元気が出るんですそして話しやすいしやすいので、つい足が向かっているのです。
席数がたった5席なので他にお客様がいらっしゃった時には退散しますが、そうでない時はお兄さんとお喋りを。 元国際線の客室乗務員ということもあって、海外事情には詳しいのです。 海外に憧れる方は多いと思いますが、私もその1人。出来ることなら日本脱出して海外生活をしたいぐらい(笑)  海外のお話しを聞くとワクワクします。 


いつもはガレットをいただくのですが、今回は気分転換をしてクレープを★


炒りアーモンドとシナモンビスケットクリーム with ホットコーヒー

ガレット生地はあえて焦がしているのだそうです。 ‘計算された焦げ’には苦味はなく、鼻に抜ける香ばしさを感じることが出来ます。


粉糖がザザーっと振りかけてありますが甘過ぎることは決してなくて、丁度良い甘さ。

‘シナモンビスケットクリーム’は砕いたビスケットが入っているわけではなく、シナモンビスケット風味のクリーム。 ビスケットをオーブンで焼き上げている時のような甘〜い香りがします。シナモンの香りは尖っていなくて、とってもまろやか。


ゴロゴロ、ホールのアーモンドがいくつも隠れていますよ。
アーモンド(ナッツ類)は美肌になりたい人には欠かせない食品(と私は思っています)。 これからの乾燥の時期には特に積極的に取り入れたいなぁ。

ガレット生地と比べるとクレープ生地はモチモチ感・弾力があって、癖がなくて食べやすいです。

ガレット&クレープって、乗せる具材を変えれば色んなシーンで楽しめますね
小腹が空いている時や間食に、ランチに(もちろん朝食にも!)、そして夜はワインやビールと合わせて…

だから食べ飽きないんですね、きっと。
知れば知るほど‘ガレット’に夢中になってきている気がします、私。
そば粉の香りが強くて好き!

やっと冬らしくなってきましたね。

ユニクロのヒートテックジーンズが大活躍です。 そして、体が冷えないように(体温が1℃下がると免疫力は60%になる)ジーンズの下には厚手のタイツとレッグウォーマーを着用。
ちょっとやりすぎですか(笑)? でも、風邪をひきたくないので大袈裟で丁度良いぐらいなんです。


さて、ガレットマニアの私ですが最近はちょっとご無沙汰していました。


先週末に弟&弟のガールフレンドと


soba cafe さらざん http://www.sarrasin-kyoto.com/ へ行ってきました。

ランチタイムのピークを外せば 「満席で座れない〜」 ということはなさそうですが、それでも念のため予約をしました。



メニューが一部手書きになっていました。 この可愛らしいイラストは店長=シゲさんが描いたそうです。
次回はこの‘おいもと栗の秋シュクレ’にきーめたっ! …ん?‘秋シュクレ’ということは、もうすぐ終わってしまうのかしら?

今回は3人で4枚のガレットをオーダーし(1枚写真を撮り忘れてしまいましたが)シェアしましたよ。


ガレットの前に


せっかくなのでシードルをボトルでいただきました。
弟は初めてのシードルだったようで 「リンゴの香りがするー」 と、私が初めてシードルを口にした時と同じ感想を言っていたので何だか面白かったなぁ。



今週のスペシャル 牛肉の赤ワインシチュー(マッシュポテト添え)
コトコト煮込まれた牛肉は赤ワインがよく染み込んでいて美味でした。



ジェノベーゼコンプレット
爽やかなジェノベーゼソースは、パスタだけでなくガレットにも合うのですね。 パラパラッとトッピングされた松の実がアクセントになっています。



トマトコンプレット
弟の希望で、オリーブ多めでお願いしました。 トマトソースもたっぷりめなのが嬉しいです。

もう1つオーダーしたのはブルーチーズのガレット。 さらざん奥のチーズ屋さん=フロマージュ デュ ミテスhttp://www.mythese.jp/のチーズ(エルベモンス熟成チーズ)を使っているのですが、これがもう絶品!! こんなに良いチーズを使ったガレットはそうそういただけないと思います。
今度チーズ屋さんの方へも行ってみたいなぁ。


さらざんのガレットは、まず基本となるガレット生地がとても美味しいのでお薦め。 そば粉の香りが強く、口に入れた瞬間から飲み込んだ後もしばらくその余韻を楽しめるのです。
そして、他のガレット屋さんと比べてガレット生地がパリッと香ばしい(画像から伝わりますか?)のが特徴、かな。
色々な具をのせなくても、ガレット生地単体でも十分美味しさを感じることができると思います。
こういうガレット生地に出合うと、具無し(でもチーズは欲しい)バージョンも食べてみたくなってしまいます。

さらざんのガレットは久しぶりだったのですが、やっぱり美味しいわと改めて思いました。
建物が町屋なので、観光客も喜んでくれそうです。
ギャルソンクレープ再開!

心配していました。
ある日行ったら「しばらく休業します」と貼り紙がしてあったんだもの。
それから前を通る度に「もう再開しているかな?」と覗いていたけれど店内は相変わらず真っ暗。 休業の理由が書かれていなかったので余計に「お兄さん、どうしちゃったんだろう…?」と心配になってしまいましたが


10/11日、ついに再開しましたーーー★ 

(前の画像を使い回し

ギャルソンクレープ http://r.tabelog.com/kyoto/A2602/A260201/26017724/


お兄さんはフランスへガレット研修に行っていたのだそうです。 ホッ、元気で良かった。


久しぶりのギャルソンクレープのガレット。

と、その前に


お仕事で赤ワインを2杯いただいた後だったので(仕事中に!)リースリングにしました。
ちょっと気前が良過ぎじゃあないですかい? 並々と注いで下さいました。



生ハムとキノコのガレット

研修に行く前と比べて…ちょっとガレット生地に動きが出た?それから香ばしさもアップした??
ブナピーとエリンギがどっさりのっていて嬉しいな。生ハムの塩気&旨味とよく合うのです。 チーズの量は丁度良い感じ。
ガレット生地にはゴロッとしたアーモンドが隠れていて嬉しいサプライズでした★
 

一緒に行ったKさんは


ソーセージのガレット(正式名はこれで合っていたか…ちょっと不安)

1口もらったのですが、フランクフルト並みに太さのあるソーセージで贅沢感のあるガレットでした。


やっぱり好きです、ギャルソンクレープ。

たった5席で狭いけれど、痘痕(あばた)もえくぼ。 私は気になりません。

また近いうちにお邪魔します★

meno mosso(メノモッソ)のカウンターは楽し〜い!
 
ふぅ。
何だか疲れちゃった。

仕事でね、人間関係がなかなか上手くいかない時もあります。 体力的にキツイ仕事は耐えられるけど、精神的にキツイ方は… うー、シンドイ。
でも、きっと今が頑張り時なのかもしれません。 そう思って頑張ります!

今日は‘飲まない日’にしようと思っていたんですけど、「頑張ったし、やっぱり飲もーっ」って思って



meno mosso (メノモッソ)http://www.geocities.jp/bar_meno_mosso/
へ寄り道〜♪

こちらのワイン&ビアバーは、店主さんのトークが面白くってカウンター席が人気なんです。
カウンター席に座れば、お隣さんや、またそのお隣さんの会話も一緒に楽しめてしまうのですよ。


まずは、最近お決まりの



店主さんがビールの好みを聞いて下さったので 「ヒューガルデン ホワイトが好きなんですけど…」と答えたら、こちらをチョイスしてくださいました。
エルダフラワー、ミント、アルニカフラワー、ラジビ、ナツメグ、マルメロ。 6種類のハーブがブレンドされていて香り豊かです。




SNYDER’Sのコレ、好き〜! しっかりとしたハードな噛み応えがまたいいですよね。
ちなみにこちらはチェダーチーズの風味。
皆様は何味がお好きですか? 私はチェダーチーズとハニーマスタードオニオン❤


meno mossoといえば



ハムとたまごのチーズがレット。

形がきっちりしていないところが、私には可愛らしく思えます。


ガレット生地はしっとり。
これでもかーっ!ってぐらいたっぷりとろ〜りチーズが入っているので、チーズ好きにはたまらないですよ!
隠し味にケチャップが塗ってあり、少しの酸味がメリハリ感を出しているように思います。


美味しいガレット&ビール、店主さんのトークで元気出た★
明日も頑張ろぉ。


卯晴
 
今朝、コンビニで野菜ジュースとアイスクリームとヨーグルトを購入したら、合計金額が777円でした。 「今日は素敵な1日になるに違いない」と心ウキウキ。


一昨日のこと。
友人の友人のカフェへ足を運びました。



卯晴(うはる) http://www.uharu.com/

場所は西陣(パンケーキで有名のカフェラインベックのすぐ近く)。
こちらは約30種類もの紅茶が揃っている2階建ての町屋カフェです。
 

紅茶はアッサム、アールグレイ、ウバ、ニルギリなど定番の他に、変わり種も。
花桃茶(緑茶と紅茶のブレンドに桃とパイナップルの果肉を加えた紅茶)、チョコベリー、チョコトリュフ、ひめりんご、フルーツバスケット(卯晴の人気No1のフルーツティー)、マスカットゴールドティー、コウメちゃん(完熟梅の甘い香り)など、名前を聞いただけで良い香りが香ってきそうな…



実際に茶葉の香りを嗅ぐことも出来るのが嬉しいです。


Foodメニューを開くと、どれも惹かれるものばかり。

例えば夏限定のアイスシフォンケーキ、オーガニックベリーのホットパイ、1日1組限定のアリスのお茶会セット(不思議の国のアリスのティーセットでアフタヌーンティーを楽しめる)。

でも



ガレットがあるじゃないですかーーっ!
これは決まりでしょう。即決まりです。

ガレットはラタトゥイユのガレット、コンプレットともう1種類。



ゴルゴンゾーラのガレット

ハム、卵、グリュイエールチーズ、パルミジャーノチーズ、ゴルゴンゾーラチーズの入ったガレットです。


ガレット生地は、端っこがパリパリ、中央部分はもっちりとしていて美味しいです。
チーズはた〜っぷりと入っていて大満足 (チーズが少ないと寂しくなりますよね)


ゴルゴンゾーラのガレットにフレーバーティーは合わない…そう思ったので、食後に



レモネードというアイスティーをいただきました。 大きなグラスにたっぷり注がれているのが嬉しい!
レモンティーに香り高い蜂蜜を加えたような、そんな紅茶でした。 夏にぴったりのアイスティー。


1階席と2階席があるのですが、2階の方がゆったりと過ごせるとのことだったので



2階席で、足をのばしての〜んびり雑誌を読みながら過ごしました。
太陽光が良い具合に入ってくるので、気持ち良いの


今度はシフォンケーキと、ケーキに合う紅茶をいただきたいと思います!