京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
エルボガバンテ346って??
 
 明日から3泊4日で沼津・東京・埼玉へ出張の先生。もちろん私は京都でお留守番。

 3日間も先生と離ればなれになったことがないものだから、一体どんな3日間になることやら・・・。1人で過ごすのはどうも苦手なので(特に夜!)予定を一杯詰め込んじゃいました。誘ってくれたお友達に感謝です★★★ありがとう!


 さて、本日は前から気になっていた近所のスペイン料理店へ行ってきましたよ(^−^)職場からの帰り道、必ずこの前を通るの。中が見えそうで見えない大きな扉。店内の様子が見えないと余計に気になってしまうのが人間の心理というもの。

 ‘EL BOGAVANTE 346’ エル ボガバンテと読みます。
 http://elbogavante346.com/

 「エルボガバンテってどんな意味?通りの名前か何かかなぁ??それに346って何??気になるーっ!」と、お店の前を通りすぎるたびにモヤモヤしていました。今日はようやくその謎が解けました。スッキリ!

 店名の由来は、また後でね(意地悪〜って言わないで(笑)。

 こんな可愛らしい空間が我が家にも欲しい。夏はここでバーベキューとビールとか・・・もしくは静かに人に手紙を書いたり読書をしたりして過ごすのもいいかも、なんて想像が膨らみます。
 
 扉の構造がちょっと面白い。クローゼットとかバスルームの扉みたいに2つ折り(?)になるタイプの扉になっているのです。

 店内はこんな感じ。


 カウンター席。


 テーブル席に案内され、座るとまず目に入ったのがこちら。

 何やらITOYAさんに売っていそうな・・・文具??

 実はメニューです。とても凝っていて感動しました!

 本日のお料理は黒板にて。


 まずはカバ(スペインのスパークリングワイン)で1日の疲れを吹き飛ばします。

 お料理はtapas(たぱす=小皿のおつまみ)とRacion(ラシオン=1人前)の2サイズ用意されているものが多く、少しずつ美味しいものを食べたい人には大変嬉しいサービス。

 1品目


 スペイン産のホワイトアスパラガス
 よくジュピターとか明治屋で買います、ホワイトアスパラガスの缶詰(瓶詰めのも美味しい)。でも今まで買ったどのアスパラよりも、このスペイン産のホワイトアスパラガスは太くて、噛まなくても飲み込めるぐらい軟らか。アスパラの下はマヨネーズ。アスパラとマヨネーズの組み合わせは本当に合いますね。

 スペイン料理で欠かせないのが

 アヒージョ!こちらは‘甘エビ’のアヒージョです。
 生でも食べられる甘エビ。だから、あえて中まで火が通っていません。エビと甘エビ。同じ海老なのに、こうも違うのかと驚きました。じんわりと甘くて繊細な味。
 こんなに美味しいアヒージョ、初めてです。もう他店では食べられないかも〜。


 これは・・・甘エビの卵!?ですよね??(あぁ、シェフに確認すれば良かった)
 ガーリックオイルにも負けない、甘エビ(&卵)の風味。

 残ったガーリックオイルは、こちらの自家製のパンに付けて残さずにいただきます。

 右のパンは全粒粉を使ったパン、だと思います。強力粉100%では出せない独特の風味。
 手前のこのパン!


 シナモンとブラックオリーブ、それにセミドライトマトが入ったパン。とっても異国的な味。他店では絶対に食べられないパン。パン生地が赤っぽいのは、自家製のセミドライトマトから出る色だそうです。


 半端で申し訳ないのですが、今日はここまで。
 明日、先生の新幹線の時間が早いので、早起きをしなければなりません。たまには早寝もいいかな〜。お肌のためにも(お肌のためだったら10時頃には寝た方が良いみたいですけど、そんなの不可能)。

 明日、エル ボガバンテ後半として残りのメニューを載せようと思います。
 
 おやすみなさい★