京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< まろ | main | SPICE DINING biji >>
幸せは
 




私の好きな言葉です。

例えどんな状況にいても ‘幸せ’ と思うことは大切なことだと思っています。
辛くても泣いても、愚痴を言っても、きっとその状況は変わらない。下を見てもどんどん辛くなるだけ。
それよりも、今いる状況・環境の中で幸せを見つけることが=次の幸せに繋がると思うのです。

いつも、どんな時も上を向いていきましょう♪

マトちゃん

全面的に大賛成、ありがとー!

ネガティブに考えて良いことはないものね。‘愚痴を言ってスッキリする’ことはあるかもしれないけれど‘でも愚痴を言って終わり’じゃ駄目だと思っていて、スッキリしたら今度は上を向かないと、ね。

ポジティブに生きていると良いことが沢山♪
さちこ | 2012/11/17 10:14 AM
ラメールさん

人の命は限られているので、1日1日、毎日を大切に生きたいですよね。と分かっているのに無駄に過ごしてしまう日もあるのが現実なのですが…

一緒に過ごした時間は思い出として残りますから、相手を大切にする、後悔しないように思いを伝えることは心がけたいですね。
ラメールさんがお父様を大切にされていたことはよーく知っていますよ。 今度はラメールさん自身を大切にして下さいね。
さちこ | 2012/11/17 10:02 AM
全面的に大賛成な姿勢ー*¥(^o^)/*
ネガティブになってもポジティブになっても、あとになって振り返ったときの一日の質量は変わらない、だったらポジティブに生きよう!というようなことをハーバード大学の日本人教授がゆってたよ(*^^*)。せっかくなら下を向かずに前向きに、だねっ!
マトちゃん | 2012/11/17 1:45 AM
私たちは限りある命のなかで、泣いたり笑ったり、怒ったり喜んだり、その一つ一つが、かけがえのない人生のひとコマだったということを、死に直面する場面で思い知るのだと、父の死を通して学びました
だとしたら、一見不幸だと感じるような出来事も、それほど深刻に受け止めることなく、過ごせるような気がします
まるごと自分自身を肯定してやることも、大切なことかもしれません (甘やかすという意味ではなく)
ラメール | 2012/11/17 12:18 AM
COMMENT









Trackback URL
http://taberu-kyoto.jugem.jp/trackback/988
TRACKBACK