京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 抹茶クリームフラペチーノ | main | ガレットの原点=コンプレットに戻る >>
ロシアレストラン キエフ
 

昨日は友人Kさんとランチ。
「何処か行きたい所ある?」と聞くと「さちこさんにお任せ〜」とのことだったので 
ロシアレストラン キエフ http://www.restaurant-kiev.com/ に決めました。
ちょっと珍しいジャンルのお料理がいいかなぁ♪と思って。 
ロシア語は「スパスィーバ」(=ありがとう)しか分かりませんが、ロシア料理は好きな私。


お気に入りのアイリッシュパブ=ゲールの入っているビルの6階がキエフでした。
店内はなかなかレトロで、何となくピアノ演奏が始まりそうな…そんな雰囲気。

ランチはA、B、Cと3種類のコースとアラカルト、どちらも可能です。
私はAコース(コースと言っても1200円)、KさんはCコース(1800円)。


ロシア料理と言えば、まず「ボルシチ」が思い浮かびますよね!
鮮やかな赤色はまるでハーブティーのハイビスカスのよう。 もちろんハイビスカスではなくビーツの赤なのですが。 酸味は強くなくてまろやか。サワークリームの爽やかな酸味がスープの味を引きしめてくれているようです。


熱々の「ピロシキ」は火傷に注意!


中には挽き肉や茹で玉子がたっぷりと入っています。
揚げてあるのに意外とあっさりで、これなら2個ぐらい食べられるなぁと思いましたよ。


「カプスタサラダ」はコールスロー風のサラダ。
あっさり味だけど油がキャベツ全体に絡まっているので、シャキシャキだけどしっとり・しんなり感もあって美味しい。 いくらでも食べられてしまいそう。


「グリヴィ」はきのこのクリーム煮 壷焼き。


中にゴロゴロとマッシュルームが入っていますよ〜。
壷のまわりのパンをちぎってスープに浸していただきます。 寒い季節に暖かい部屋でいただきたい、そんなお料理。


こちらはCコースをオーダーした友人のそばのパン。
お蕎麦&ガレット。私がそば粉を使ったものに興味があるのを知っている友人が分けてくれました。
そば粉に+ライ麦、小麦粉、はちみつ、カスピ海ヨーグルトなどが入ったそばのパンは、しっとりでホロッとした食感でした。そばの香りはそれほど強くはなかったのですが、スモークサーモンとサワークリームをのせたら更に美味しくなりそう♪


食後はロシアンティー。


バラのジャムをたっぷり入れていただきます。
華やかな香りのバラのジャムは、ヨーグルトにトッピングしたりやパンに塗っても合いそう。

スタートから食後のロシアンティーまで、どれも美味しかったです。ロシア料理は日本人の口にも合うのだなぁと思いましたよ。
ごちそうさまでした★

次回はアラカルト料理からペリメニ(水餃子のようなもの)とウクライナカツレツ、それにグルジアワインやロシアビールを合わせていただきたいと思いました。

ゆにさん

ゆにさんも行かれたのですね★

はい、眺めの良い景色でした。 鴨川の見える風景は良いですよね。
ジャムの紅茶、どんなジャムを入れようか考えるのも楽しいですね〜。苺、マーマレード、バラ、アプリコットあたりが美味しそう♪
さちこ | 2012/10/31 11:43 PM
今年の3月ごろにこちらでお食事しました。眺めがいいところでした。これから寒くなるとロシア料理がいいですね。ジャムの紅茶、家でもしてみたようかな。
ゆに | 2012/10/30 8:04 PM
COMMENT









Trackback URL
http://taberu-kyoto.jugem.jp/trackback/971
TRACKBACK