京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 幸せな夫婦になる方法 | main | Sentido >>
Restaurant AO(蒼)

 
ノルウェーから親戚が遊びに来てくれました。
国籍・年齢・性別が異なる3人だったので、何処へ連れていってあげたら全員が喜んでくれるか悩みました。
結局、1日目は錦市場散策で2時間半ちょっと、新京極で1時間過ごしました。
当初の予定では、錦市場を通り抜けて四条通りから清水寺の方へ行こうと思っていたのですが、錦市場がよほど楽しかったのか2時間半も!  私も錦市場は大好きですし、こんなにゆっくり見てまわったことはなかったので一緒に楽しんでしまいましたよ。 新京極では洋服を見たり、プリクラを撮ったり(ノルウェーに比べて日本は物価が安いらしくお買い物を楽しんでいました。そして日本に来たらプリクラを撮ってみたかったとのことで、夢が1つ叶って良かったね)。

あっという間にディナーの時間。
清水寺は2日目に行くことにして、予約をしていたレストランへと向かいました。

Restaurant AO http://www.kyotoism-ao.com/ 

先生(夫)と、7年前に1度行ったことがあるフレンチレストラン。 こちらに決めた理由は、町屋を改造した造りということと、お料理が京和風のフレンチということ。 京都らしさを楽しめるかなぁと思って。

こちらにして大正解でした!!

こちらは客席の一部。  とっても和風+洗練されていて素敵ですね。 私たちはお庭を眺められる席を予約していたので開放感があって良かったです。

ディナーコースは3種類あり‘紫’という、前菜・メイン料理を選べるコースにしました。

まずは付き出しから。

かつおのカルパッチョ(茗荷がトッピングされています)とフルーツトマト

いちじくと鱧。 今夏初めての鱧!夏が来たんだな〜と実感しました。

じゅんさいとトマト。 じゅんさいは日本ならではの食材ですね。 気に入ってもらえたかな? チュルっと喉越しが良くて私は好きです。

パンはフワッ、フカフカで、お料理のソースとよく馴染みます。

前菜。
オマール海老とウニのジュレ寄せ パプリカソース

白ワインと相性良かったです。 彼らはSAKEを飲んでみたいとのことで、日本酒と合わせていましたが、日本酒でも合いますよ。 食材が和ですからね。

和牛からとったコンソメスープ。その下には茶碗蒸し。
ノルウェーでは茶碗蒸しは「離乳食のよう」でウケないそう。 残念…分かる気もしますが。 でも彼らは美味しいと言ってくれて完食。 和牛からとったコンソメは濃厚で、でもクリアーで脂っこくなくて美味しかったです。 

お代わりのパンは、オリーブの実が練り込んであるパン。

メイン料理真鯛・舌平目・ひな鶏・和牛もありましたが私は

豚肉をチョイス。 3種の調理法で調理されて3通りの豚肉料理を楽しめるのです。 手前のグリルは柔らかで、でもしっかりとお肉の噛み応えもあって噛みしめる度に幸せを感じられました。  色の関係で見えづらいのですが、クレソンの下にブータンノワールが  ブータンノワールってお店によって美味しかったり食べづらかったり… こちらのブータンノワールは癖もなく、なめらかで美味でした。

フワッと空気感のあるジェラート。

ナッツの入ったケーキ、コーヒーテイストのケーキ、ラズベリーのケーキ。 少しずつ、3種類もいただけるのは嬉しいですね〜。 コーヒーと一緒にいただきました。


内装もお料理も、和と洋の融合が美しく、コースの流れもとても良かったです。
食後はスタッフの方にパティスリーや奥庭を案内していただきました。  日本の美って、繊細で、出しゃばっていなくて謙虚な感じが良いですよね。

今度はパティスリーの方でケーキをいただいてみたいです。
Ryoさん

私も今のスタイルになってからは初訪問。
ランチョンマットがそれぞれ違う柄で素敵でした。

パティスリーは、そうです!蔵だったところ。2階建てなのですが、2階は天井が低く秘密基地のようにワクワクしますよー。
さちこ | 2012/06/30 3:19 AM
今のスタイルになってからは伺ったことが無いです。
何だか良さそうでdすね。
蔵のとこがパティスリーになったんですよね。
Ryo | 2012/06/29 8:13 PM
COMMENT









Trackback URL
http://taberu-kyoto.jugem.jp/trackback/866
TRACKBACK