京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ソルロンタン… | main | THE GREEN >>
好きな香り


好きな香りはありますか? 

人それぞれ好きな香り、苦手な香りって違うと思います。
自分にとっては‘良い香り’でも、他の人にとっては‘キツイ香り’‘何だか変な香り’‘不快な匂い’だったりすることもありますよね。

そしてその‘良い香り’も、TPO(time,place,occasion)を考えて使わなければ失礼になってしまうことも多々あります。
例えば食事シーン。 食事へ行くことが分かっているのに香水を付けていくということは‘あり得ません’し、してはいけない行為だと私は思っています。
それからバレリーナ。 男女のペアで踊る場合、片方は香水を付けないという決まり(?)のようなものがあります。 ダンサーは大量に汗をかくし、他のダンサーと密着することもあるので体臭も気になります。なので香水をつけるダンサーは多いのですが… 男女でペアを組む場合は、お互いが違う香水をつけることで‘キツイ香り’や‘異臭’となってしまうことがあるので、両方がつけることはしません(と、私は先輩バレリーナに習いました)。

‘良い香り’も使い方を間違えると迷惑になりかねないのです。


私は香水や良い香りのするボディークリームが大好きです。 しかし私はフードコーディネーター。 例え外食の予定がなくても、出かける前に香水をつけることはしません。 出先で美味しいものに出合う可能性もあり、そしてその時に出かける前につけた香水の香りがしっかりと持続していたら… その良い香りも‘邪魔’になってしまうからです。 

それでも私は‘好きな香り’を探し続けている… 何故って、好きな香りでリラックスできるからです。

私が香りを身につける時。 それは… マリリン・モンローの真似というわけではないけれど ‘寝る時’です。 
石鹸、(ホワイト)ムスク、ベビーパウダー、ジャスミンの香りが特に好き。 好きな香りに包まれて眠りにつくって、とても幸せなことだなぁと毎晩思います。


最近お気に入りに加わった好きな香り(クリーム)を2つご紹介★


韓国の化粧品店で購入したこのクリームはベビーパウダーの香り。一目惚れ(一嗅ぎ惚れ?)しました。 ただ、結構強い香りなので、別の無香料のボディークリームに混ぜて使っています。 香りの持続性もあり、長時間ベビーパウダーの良い香りを楽しむことが出来ます。


もう1つは


アフタヌーンティーで購入したこちらのハンドクリーム。 ホワイトジャスミンティーの香りで、こちらも一嗅ぎ惚れ。 ただ、ハンドクリームなので、同じ香りのボディークリームが発売されたらいいなぁと思っています。


さぁ、今日はどの香りを身にまとって眠りにつこうかしら
miecakeさん

好きな香りは人によって違うからなかなか難しいよね。昔大人気だったある香水、私は甘過ぎて苦手だったし。
そっか、妊婦さんはニオイに敏感だもんね。悪阻で辛い思いをしているのに更にニオイで攻撃…しないように気をつけないと。

香水は上の方でシュッとして、その下を潜るようにするとつけ過ぎないかも。あと私がよくするのは、コットンにシュッとしてそのコットンを耳元に少しと胸元をなでるように軽くふく方法。

無香料のボディークリームに好きな香りをシュッとして…早速試してみる〜。ありがとう。
さちこ | 2012/04/25 7:57 PM
私も香りは大好き♪バレリーナが そんなに香りに気をつかっていたなんて 知らなかった。
なんだかロマンティック^^
私、毎日トワレをつけてるけど、さっちゃん
の言う通りお食事の時にプーンと香りがでし
まうのはちょっと考えものだよね
あと 電車移動の時 最近ちょっと気をつかう。
。。妊婦さんは香水の香りで吐きそうになるって聞いて。。。同世代の女性として 考えさせられたよ。
ただ 自分では気をつけよう 思っていても 時
々 。。あっ強すぎた?!と感じることもある
よヽ(´o`;微妙な加減で全然違うんだよね☆

もし 全然使えていない香水があるのなら
無香料のボディクリームを手のひらに出し、
そこへシュシュっと好きな香りをスプレーし
てからボディに伸ばすと GOOD♪
肌がアルコールに弱くなければ 一度試してみてっ♪
miecake | 2012/04/25 1:00 PM
COMMENT









Trackback URL
http://taberu-kyoto.jugem.jp/trackback/822
TRACKBACK