京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ラニオン(後半) | main | 初めてのにしんそば >>
父とキッチンよし田へ

 
先週、父が1人で京都に遊びに来てくれました。

当初の計画では‘土曜日に来て日帰り’の予定でしたが、急遽その前日(金曜日)に京都に到着することになって私は慌てました。 だって、父から電話をもらったのは19時を過ぎた頃だったのです。 到着予定は19:40分頃とのことで、私は京都駅に向かいながら同時進行で父の宿泊するホテルと、美味しいお料理をつまみながら飲めるお店を探しました。
 
ホテルはすぐに見つかり、さぁ次は飲食店だ。
京料理、もつ鍋、焼き肉… どこだったら父は喜んでくれるかなぁと色々と考えたのですが 「あ!良い所があるじゃない!!」 と思いついてすぐに空席の確認をしました。 人気店なのでダメ元で電話をしたのですが 「2席だけ空いている」 とのことで本当にラッキーでした!

父と向かったのは

キッチンよし田 http://r.tabelog.com/kyoto/A2602/A260201/26005866/ 

この日も大変賑わっていましたよ。 ここに通うお客さんは皆、本当に楽しそうに飲みますね。 きっとそれはお母さん(キッチンよし田のママ)の存在が大きいでしょう。 いつもパワフルなお母さん。しばらく行っていないと会いたくなってしまうのですよ。

そんなお母さんに父を紹介し、早速飲み会(?)のスタートです★

父はビール、私はトマト酎ハイ★ キッチンよし田に来たら、私はビールではなく絶対 ‘トマ酎’です。
‘トマト酎ハイ’はトマトジュースではなく、生のトマトを使っているのでとても瑞々しくてあっさり! トマトの自然な甘さもあってゴクゴク飲めてしまいます。 危険危険。 でも…これなら飲み過ぎても身体に良いかもしれません。


父が初訪問だったので強制的にオーダーさせられる(笑)

ベッピンサラダ

ネギ、三つ葉がどっさり。 ラディッシュ、人参、ささみも入っています。 これを食べれば‘ベッピンさん’になれるんですよ! なので私は行くと必ずオーダーします。
野菜があまり好きではない父も 「美味しい美味しい」 と完食! 嬉しい


豚の角煮と大根

甘辛な味付けで日本酒や焼酎が進む1品です。


鶏と茄子の甘酢煮

酸っぱい物も苦手な父。 それでも私が 「酸っぱい物は疲れた体に良いから食べてね」と言うと 「おぉ酸っぱい!」と言いながらもちゃんと食べてくれました。 そこまで酸っぱくはないと思うんだけど(笑)


最後は私の大好きな

スジとトッポギ辛煮

冷めるとトックが固くなってしまうので熱いうちに食べましょう。 日本のお餅よりもあっさり&歯切れの良いトックと、脂がジューシーで美味しいスジ。 コチュジャンをたっぷり絡めながらいただくので結構辛いのですが、これがクセになるのですよ毎回必食の1品です。


父はキッチンよし田が相当気に入ったようで 「今度京都に来る時はまたここに来よう」 と言っていましたよ。
そして私は、キッチンよし田に決めて良かった〜と心から思いました。


この後、父と四条のラーメン屋さんへ向かいました…

マトちゃん

鶏と茄子の甘酢煮、実はね、私が勧めた訳じゃないの。父が酸っぱいと知らずに選んで、口に入れたら酸っぱかったという…(笑) でも酸っぱい物は体にいいから少しでも食べてもらおうと思って。
私が言えば父は食べる。分かっているから(笑)

マトちゃんが行った時はべっぴんサラダ売り切れてたのね(>_<) 残念。

そう。あのラーメン屋さん!
さちこ | 2012/03/31 1:16 AM
ゆにさん

キッチンよし田はお気に入りの1つなんです。毎日お母さんの作る愛情一杯のお料理は心温まります。

父も喜んでくれて良かったです♪
さちこ | 2012/03/31 1:11 AM
わぁー、お父さんとキッチンよし田って似合いすぎだね。
お父さんの体を気遣って、酸っぱいものを勧めるさっちんは優しいなぁー。
マトはべっぴんサラダ、まだ、食べたことないんだよねぇ。売り切れてたの。人気メニューなんだね!
そして、四条のお店たとはもしや・・・あのお店!?
マトちゃん | 2012/03/30 11:47 AM
いいお店ですね。お父様喜ばれてよかったですね。
ゆに | 2012/03/30 6:40 AM
COMMENT









Trackback URL
http://taberu-kyoto.jugem.jp/trackback/802
TRACKBACK