京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ガレット研究継続中なり | main | 2日目もやっぱりガレット >>
ソムリエのいるおでん屋さん

名古屋1日目。

Rhubarbeでガレットを堪能し、ノリタケの森でノリタケの歴史&1枚の食器ができるまでの工程を学び、栄をブラブラし…
かなり疲れてしまった私。


でも


テレビ塔の美しさに疲れが吹っ飛びました。

栄の駅で先生と待ち合わせをして向かったのは、駅から徒歩1分の



おでん&ワイン カモシヤ
http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23037925/

http://www.bar-and-restaurant.com/nagoya/kamoshiya.html


食べログで評価が高く、気になったのでこちらに決めました。


予約しておいて良かった。
店内は満席で、私たちが席についてからも何度かお客様が来られ、断られていたのです。

仕事で頑張った50代〜60代のおじさまたちが1週間の疲れを癒やすため、同年代の同僚や部下と一杯楽しむのにぴったりのおでんやさん。 もちろん女性同士やカップルでも楽しめると思いますよ。


日本酒や焼酎以外に


ワインの種類も多い!おでんやさんなのに。

そう。こちらはフレンチやワインバーで経験を積まれたソムリエがオープンさせたおでんやさんなんです。

「おでんとワインって合うの??」と半信半疑で(どちらかというと‘疑’の方)でしたが、合うと思えば何でも合うっ!!のですよ。 それに‘ワイン’と‘味噌’、同じ発酵食品ですし。


まずは疲れを癒やすための1杯


スパークリングワインです。泡系は疲れた体を癒やしてくれますね−。


メニューを見て、気になったものをいくつか注文しました。


チーズの粕漬け

そんなに粕臭くなく、クセの無いあっさりとした粕漬けでした。



エビのガーリックオイル煮

スペイン料理の陶板焼き、ですね。



自家製オイルサーディン

プリプリとしたイワシ×3。ローズマリーの香りがイワシと相性良くて、これは白ワインに合うでしょう!

ってことで


カリフォルニアの白ワインを。



すじ煮

カモシヤの名物の1つです。トロントロンに煮込まれた牛スジが味わえる1品。


それから


テール(大)

コラーゲンたっぷり!骨のまわりについているお肉部分をナイフでカットしながらいただきます。
コラーゲン入りのドリンク飲むよりも、こうやって自然な形で食事から摂る方が体が喜んでくれそうな気がします。


おでんの定番


大根

カモシヤのおでんは、しじみと牛のミックス出汁に八丁味噌を合わせたものです。色は濃いぃぃけど、食べてびっくり!かなり薄味なんです。

なのでこのまま食べるよりも


テーブルに置いてある辛子や‘つけてみそ かけてみそ’http://www.nakamo.co.jp/ をつけながら


このぐらいで丁度良い塩加減。

(‘つけてみそかけてみそ’が気に入って、京都に帰る前に買ってかえりました)


だしまき玉子

大胆な発想だなー。


最後にグラス赤ワインを追加し、メニューを見て気になった品をオーダーしました。


福煮

お豆腐、ちくわ、牛スジ、レンコンなど、煮込んで煮込んでお鍋の底に煮崩れて残ってしまった色々が合わさったのが福煮。
余り物には福がある、という意味からこの名前を??

その他にも気になったメニューがいくつかあったけれど(トマトのおでんとか)、さすがにもうお腹パンパン!!で食べられませんでした。


名古屋にはまだまだ行ってみたい味噌おでん屋さんがあります。 それに、本場の手羽先も、味噌カツも、小倉トーストも食べてみないとねー。

来月の名古屋滞在時にはどこへ行こうか…今からリサーチしておきましょう。

ラメールさん

私は赤だしぜーーんぜん大丈夫です。小学生時代は愛知県で過ごしたので。でも先生が…うーん、意外と平気そう。

美味しかったお店も、年月が経つと「あれれ?」となってしまうことがありますよね。好きだったお店だとショックですね。
さちこ | 2011/10/02 9:52 PM
以前、先生に「叶」をおすすめさせていただきましたが、今食べログを覗いてみたところ、ちょっと止めておいたほうがいい感じですね。
私が伺ったのは遠い昔ですから、ご主人も高齢になりいろいろと難しいのかも;

数年前にグルメ雑誌「大人の週末」で、丼の大賞取っていたので、あの美味しさ(揚げた後すこし煮込んであるのに豚肉がとてもふっくらやわらかだったのにはびっくりでした)は健在なのだなぁと思ってましたが・・・(>_<)

万が一訪れたとしても、赤だしはやめときましょう。
名古屋文化にどっぷり浸かった人でないかぎり、味噌カツに赤だしはキツイです(笑)
ラメール | 2011/10/01 1:41 AM
ラメールさん

お返事が遅くなってしまって申し訳ございません。コメントを読んで勝手に納得し、返信したつもりでいました。

名古屋のお味噌は色が濃いので濃い味かと思いきや、意外と濃くはないのですよね。
味噌カツを試してみたいのだけれど、食べるチャンスがなくて…ま、名古屋には時々行くのでいつか★
お薦めのお店はありますか?
さちこ | 2011/10/01 12:43 AM
miecakeさん

その通り!食事は見た目も大切ですよね。

青く着色したご飯…それ知ってます!アメリカ式のダイエット法(食欲落とすための)ですよね?

名古屋の味噌おでん、お店によって濃さは違うのでしょうが、カモシヤさんのおでんはホント薄味でした。
名古屋は一見ギョッとしてしまう食べ物もあるけれど(甘いスパゲッティーとか)美味しい物は美味しいと思います(笑)
さちこ | 2011/09/24 1:14 AM
こんにちは
おでんの色は ビックリですね!!
でも 味は濃くないんだぁ〜
不思議

食事って色から受けるイメージって
かなり大きいですよね
青く着色したご飯では食べたくならない(笑)

濃い色の煮物系 関西育ちには 抵抗がある色。。。
でも 美味しいなら食べてみたくなる〜っ
はぁ〜 私も行きたいな〜名古屋にっ
miecake | 2011/09/23 12:33 PM
テーブルが白木で明るくていいですね。
名古屋の味噌味って見た目ほど濃い味ではないんですよね?! むかし味噌煮込みうどんや味噌カツ丼を食べてみて、ちょうどいい加減にしてあったので、なるほど美味しいねぇ〜なんて思いました。 でもこの店は自分で味付けしなければならないほど薄味なんだー。 出汁巻をおでんにするなんて大胆な(*_*; 発想が斬新すぎる(笑) でも赤味噌文化、嫌いじゃないです。
先生、最近ウェブサイト更新なさっててうれしいです。
ラメール | 2011/09/21 11:17 PM
COMMENT









Trackback URL
http://taberu-kyoto.jugem.jp/trackback/657
TRACKBACK