京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< こ、怖かったー! | main | DVD派 >>
居酒屋りらく
 

今日&明日は、仕事のため先生は九州にお泊まり。

基本的に私は寂しがり屋。 先生は私の精神安定剤みたいな存在で(笑)、だから居ないとちょっとソワソワしてしまうんです。

今日は、仕事でヘトヘトな友人を誘うのは気が引けたので、1人で居酒屋へ行ってきました。

何で居酒屋かって??

それは…
ビールが飲みたかったから。 最近ワインより、日本酒より、ビールモードなんです



高倉通り、四条を下がったところにある


居酒屋りらく http://kyoto-riraku.com/

Leaf7月号(P.49)に載っていて気になっていたので、早速足を運んでみました。
Food 関係のことに対してはフットワークが軽い軽い(笑)



生ビールとお通し



お通しは、蛸と大根の煮物でした。 蛸って家であまり調理しないので嬉しかったなぁ。

そして


多分こちらは、りらくの人気メニュー。 トロトロの牛すじ煮込みと半熟玉子。
湯通ししてじっくりコトコト煮込んで繰り返すこと3回、だそうです。 牛すじに味がよぉぉぉく染み込んでいて美味しいっ★ ビールをお代わりしたくなる1品。

…実は頼んだのはこれだけー。
家に帰ってもう1杯やりたかったので、居酒屋では1杯で止めておこうと決めていたんです。


帰宅後、早速ビールを楽しみました。
ビールのお供は大好きな柿の種。 ふふ、親父っぽーい。

でも、バックミュージックはレディーガガ。
今日購入した、レディーガガのNewアルバムを聴いて過ごしています
彼女の曲はホント元気出る出る!! だから、寝る前には聴きません。


明日から仕事に復帰します。 明日は夕方からの出勤なので、今夜はもう少しレディーガガを楽しもうと思います★



居酒屋りらく
Add:京都市下京区高倉通四条下ル高材木町228−1 アルテビル高倉1F
 Tel: 075−352−3177
Open:17:30〜24:00(L.O.23:30)
ラメールさん

お返事ありがとうございます。

お店のHPを見る前に訪問したんですが…本当は個人店へ行きたかったんです。でも、何処でも行けば必ず良いことがありますねー。美味しい牛すじ煮込みに出合えて幸せでした。
吉田類の酒場放浪記、チェックしてみなくては!
いつか京都特集をしてくれるといいなぁ。

最近私は最近お酒に弱くなってしまって、沢山は飲めなくなっています。健康第一ですから(笑)
さちこ | 2011/06/03 7:44 AM
リンク先のお店のHPまで行ってきましたが、個人店では作れないような立派なHPで、お店自体もさほど濃い雰囲気ではないようですね。だから一人でも行ってみようと思われたのかと。
さて「さちこさんおっさん化計画」の件ですが(笑)、あと何をすればいいか?・・・う〜ん、ここはひとつ素敵なおっさんのディープな居酒屋探訪から学んでもらうしかありませんね〜(笑)。毎週月曜日21−22時 BS-TBS「吉田類の酒場放浪記」です。粋人の吉田類さんが一時間で四軒の濃い〜い居酒屋を食べそして飲み歩きます。
東京中心ですが、京都では過去に、千本中立売の「神馬」(しんめ)を訪ねられたようです。(ここは名店との噂を聞いていたので、さちこさんにお教えしようかと常々考えておりました。)
この番組、吉田類さんが店を後にする姿とともに彼が作った俳句を紹介しておしまいとなりますが、その俳句が素晴らしく、「吉田さんはただの酔っ払いのおっさんではなかったんだなー」と分かって見事なオチとなるのです。また吉田さんにツッコむ辛辣なナレーションも面白くて。BSの隠れた人気番組です。(番組HPをご覧あれ)
ラメール | 2011/06/01 12:14 AM
ラメールさん

そう、1人で行きました! カフェだったら全然1人で入っちゃいますけど、居酒屋さんは…どうなんでしょうね?
カウンター席だったらお一人様もあり、かな。

おっさん化するには、あと何をしましょうか(笑)?
さちこ | 2011/05/30 7:45 PM
一人でこの居酒屋さんへ行ったのですか!?
チャレンジャーですね〜。食べ物のことに関しては(笑)
もっともっとおっさん化してくださいね(笑)
ラメール | 2011/05/28 3:54 PM
COMMENT









Trackback URL
http://taberu-kyoto.jugem.jp/trackback/590
TRACKBACK