京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Prangipani | main | 色とりどり〜 >>
米の貴公子
 
最近‘玄米’にハマって毎日のように食べている我が家ですが、もう1つお気に入りのお米があります。


それは…







バスマティライス http://www.persia-trd.co.jp/india.cgi
(販売しているお店が少ないので、私はいつもネットで購入しています)


タイのジャスミンライスと形はよく似ているけれど別物です。
バスマティライスは、インド&パキスタンのパンジャブ地方の北で栽培されていて、世界で最も高価なお米といわれているらしい。 バスマティ、とはヒンズー語で‘良い香りがする貴婦人’という意味なのだそうですよ。
アミロースがたくさん含まれているので、フワッ、サラサラ〜、パラパラッとした食感です。


キーマカレーとの相性は抜群っ!!!


でも、今日はこんな感じで


エスニック風の鶏肉炒め(塩こしょう、クミン、コリアンダー、カルダモン、チリパウダー&ニンニクパウダーで半日下味をつけたもの)、シナモンで味付けをしたオニオン炒めと合わせてみました。
半熟の目玉焼きも必須。

バスマティライスを炊き過ぎてしまったので、この後‘食べるラー油’をたっぷりと乗せて食べました。うーーん、これも美味しいっ!!! 食べるラー油は納豆に入れたり、パスタに絡めたり、ホント使えますよね。 我が家は、開封するとすぐに1瓶無くなってしまいます。


美味しいものは、減りが早い。 分かりやすい夫婦です(笑)
マトちゃん

お米生活、楽しんでいます(笑)

シナモン風味のオニオンは、30分炒めているんです(今回は20分と短かったけれど)。炒め始めて10分ぐらいしたら塩胡椒、砂糖を加え、ひたすらかき混ぜて下さい。30分炒めると、玉ねぎの量はグッと減っています。そこでシナモンを加えます。量は7振りぐらい…いや、もっとかな。そしてサッと炒めて出来あがり。

お肉に合う玉ねぎソース(?)で、よく作るんです。
マトちゃんもお試しあれ〜。
カポナータは美味しいですよね★ 多めに作ってもすぐ消費してしまう。
お料理って楽しいね★
さちこ | 2011/02/23 5:33 PM
玄米にバスマティライスに、さちこさんのお米生活、素敵ですね・・・☆

お料理もおしゃれ〜!
”シナモンで味付けたオニオン炒め”が特にハイカラ(笑)ですぅ
シナモンってどんなタイミングで入れるんですか?
マトも食べたいので、つくってみたいなぁ〜って思いました

あ、そうそう。さちこさんのブログを見てカポナータ、挑戦してみたんですよ
2回つくってみて、2回とも美味しくできました(*^^)v
お料理初心者だから、うまくいくと人一倍、はしゃいでしまいます♪
マトちゃん | 2011/02/22 9:53 PM
COMMENT









Trackback URL
http://taberu-kyoto.jugem.jp/trackback/507
TRACKBACK