京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< フードアレルギー検査 | main | オバジン >>
豚の角煮
 
出勤前に 「圧力鍋の小さいのが欲しいなぁ…」と呟いたら、夕方仕事から帰ってきた先生が「お土産だよ〜」と圧力鍋を買って帰ってきてくれました〜!!



先生、ありがとぉぉぉ!

左は、先生と私が出会う前から先生が使っていたフィスラーのもの。
右が今日から我が家のキッチンに仲間入りしたもの。WMFというドイツ製のものです。

「大は小を兼ねる」と言うけれど、2人暮らしには大き過ぎて困ってしまう物もあるんです。
新入りのお鍋は2.5リットル用。 毎日2人分しか作らない&玄米を1合ずつしか炊かない我が家には丁度いいサイズです。


新しい圧力鍋を使って早速



豚の角煮を作りました。

私の作る豚の角煮は‘八角風味’。
煮込む時にネギ、生姜、八角を入れます。東京丸の内にあった、某中華料理店からヒントを得ました。

豚肉と梅干しって相性が良い気がして、玄米ご飯の上に梅干し(をペースト状にしたもの)をのせました。

 
それから、先生が作ってくれた‘茄子とキャベツの回鍋肉’が今日の夕飯でした(回鍋肉の写真も撮れば良かったですね)。

先生は何故か最近‘素揚げ’に凝っていて、炒める前に食材をサッと素揚げしています。 素揚げすると、その後長時間炒める必要がなくなるので、お野菜がシャキッと仕上がって良いですね。


今度先生作のお料理を紹介します(^_-)-☆



COMMENT









Trackback URL
http://taberu-kyoto.jugem.jp/trackback/503
TRACKBACK