京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< メルボルン de Cooking! | main | CAFE PROVERBS [15:17] >>
素夢子古茶家
 

「何て読むの?この店名」 こう思ったのがキッカケでした。

素夢子古茶家で ソムシコチャヤと読むんです。
http://somushi.com/

bonさんのブログhttp://bon3te.blog10.fc2.com/blog-entry-9.htmlで見かけてからずっと気になっていたけれど、お料理を見て何となく 「寒くなってから行きたいお店!」と思ったので、冬になるのを待っていました。

昨日、京都ネーゼのマダム=三友紀さんに付き合ってもらい素夢子古茶家へ行ってきましたー。


こちらの場所は烏丸三条。 隣は文椿ビルヂング、向かいは伊右衛門サロン。
私みたいに「お店の前は何度も通ったことがあるけれど、入ったことはなかった!」という方、多いんじゃないでしょうか?


暖簾がなかったら普通の一軒家のように見えますね。 外観・内装、とても落ち着いています。

カウンター席、オンドル(←床暖房のようなもの)の座敷、テーブル席、好きな席へつくことが出来ますが、今回はテーブル席へ(オンドルの座敷に惹かれたのですが、この席は少し暗いのでお料理の写真を撮りたい人にはあまり向いていないかもしれません)。


「今日はお粥を食べる!」と決めてきたはずなのに、メニューを開くとやはり悩んでしまいます。
だって素夢子御膳も素夢子カレーもとても美味しそうだったんです!


三友紀さんは1日20食限定の素夢子御膳¥1500を


小さなおかずが色々ついているところがとても韓国っぽいですねー。


私は


予定通りちゃんと



かぼちゃ粥¥1000をいただきました。 かぼちゃ粥は韓国語で호박죽(ホバクチュ)と言います。

お粥にはごぼう、梅干し、1口おこわ(←これ、すごーく気に入りました!)、パリパリわかめ、コーン茶がついています。

韓国のお粥は日本のお粥とは全く違った食感(舌触り)。
濃厚なポタージュに更にとろみをつけたような…‘とろーり’と言うより‘どろり’としていて、とてもなめらかです。
そして何とお粥の中には黒豆や白玉も隠れていました。
かぼちゃの優しい甘さで心も体もホッと温まりますよ。



蓬(よもぎ)のお茶もいただきました。
蓬饅頭を口に含んだ瞬間に香る、あの爽やかな香りがふわっと広がります。
生まれて初めて口にしたお茶ですが、違和感なく本当に美味しくいただきました。
よもぎ茶は次回もまた飲みたいなぁ

今回気になった他のメニュー=素夢子カレーや素夢子御膳、松の実粥・黒ごま粥もいただいてみたいし。


こちらは友人とのランチはもちろん、1人ランチやボーっとしたい時にもぴったりな雰囲気。
今、考えたいことが沢山あるので近いうちにまた伺いたいと思います。


素夢子 古茶家 (ソムシコチャヤ)
Add:中京区烏丸三条西入御倉町73
Tel:075−253−1456
Open:11〜21時
定休日:水曜日
COMMENT









Trackback URL
http://taberu-kyoto.jugem.jp/trackback/489
TRACKBACK