京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 玉葱が主役のイタリアン | main | 桜坂 フレンチ&カフェ >>
自然派 中華料理
 
 私と夫は週に1回のペースで京都へ通っています←残念ながら遊ぶためではなく(;一_一)仕事のため。ホテルで1泊して、しっかり2日間働いています。
 京都は、日本で最も人気の高い観光地。それは、京都に住んだことがあるのでよぉ〜く分かっておりました(バスなんか東京の朝の通勤ラッシュみたいに混み混みです)。分かっていたけれど、ここまで凄いとは。
 ・・・というのは、先週末のこと。出張のための宿泊先を予約しようと、インターネットで探しはじめたのだけれど、探せど探せど見つからないっ!京都は全滅。大阪も奈良も・・・あり得ない(+o+)!!途方に暮れはじめた頃、滋賀で1軒だけ見つかりました。近江八幡から徒歩3分のHotel New Omi(ホテル ニュー オウミ)。あぁ良かった、神様っているのね☆と思いました。

 職場は京都駅前。仕事をちょっと早めに切り上げて急いでホテルへ向かいました(ディナーのラストオーダーが終わっちゃったら大変なので(笑)。7:45分にチェックインし、部屋に荷物を置いてすぐB1Fへ。
 化学調味料を一切使用せず、素材の自然な美味しさを堪能できる中華料理店『桂林』です。

 
‘3種冷菜盛り合わせ’は、蒸し鶏の胡麻ソース掛け・くらげの冷菜・黒豚チャーシュー。

 ‘紋甲イカと季節野菜の炒め物’。花切りにされたイカは食感が面白い。人参・チンゲン菜・ブロッコリー・金針菜(これ大好き。スーパーでも普通に売っていたらいいのに、と思います)銀杏・数種類のきのこ。味付けはものすごくシンプル。それぞれの食材の旨みが生きています。



 ‘フカヒレの姿煮’は(特に)夫が好きで、メニューにあると頼むことが多いです。コラーゲンたっぷりだから私も嬉しい。


 ここまでは紹興酒を飲んでいたけれど、‘豚の角煮’は赤ワイン(ボジョレーヌーボー)と頂きました。紹興酒・赤ワイン、どちらにも合うと思います。皮付きでプリンプリンの豚の角煮。「白御飯にかけても美味しいだろうなぁ」と夫。でしょうね♪

 化学調味料を使っていないのに、こぉ〜んなに美味しいなんて(ん?使っていないから美味しいのかな?)。

 ホテル内のレストランというのは、世界中&老若男女客層様々です。ですから、好き嫌いの分かれそうなジャンル・個性的過ぎるお料理よりも、誰からも好かれるジャンル・定番物が多いのです。
 
 定番=安心・ホッと出来るお料理で、1日の疲れがとれました。
 
 すんなりと京都で宿泊先が見つかっていたら、Hotel New Omiの「桂林」で夕飯を頂くことは無かったのだな・・・そう思うと、逆に良かったのかも、と思いました。桂林のディナー、とても満足できました♪
 しかし、これからは早めにホテルの予約はしなければ!と思いました。桜・GW・紅葉・祇園祭の時期は特にホテルの予約が困難になります!皆様も気を付けてくださいませ。



くまこさん
滋賀から京都に向かう電車が混み混みで(-_-;)それが辛かったです。元東京人なので満員電車には慣れていなければいけないのに(笑)
さちこ | 2008/12/07 5:28 PM
九州と京都の往復お疲れ様です
滋賀県とは言え、なんとかお宿が取れて良かったですね
宿泊先がなければどうにもこうにも・・・ですものね

フカヒレコラーゲンに豚の角煮、お肌もぷりっぷり♪
美味しいお食事は日々の活力ですね★
くまこ | 2008/12/01 5:43 PM
ちゃこさん

コメントありがとうございます&#10084;
毎週京都←→福岡往復は大変ですけど、大丈夫です。新幹線の中で爆睡出来るので。昨日京都から帰ってきたばかりですけど、明後日また京都へ行きます。ホテルは2月分までもう予約しました(^_-)
ドライブ、いいですね。そう言えば車はまだ京都でした。早く持ってこないと!!
さちこ | 2008/11/30 10:44 PM
お邪魔してみました。 (*´(ェ)`)

少しは福岡の生活に慣れられたでしょうか?
博多〜京都は2時間半と言えど
毎週となると堪えますよね。
玄海の美味しいお魚で元気をつけて下さいね。

少し時間が取れる様になられたら
九州は大自然を満喫できる良い所が沢山!
各県に是非ドライブ下さい♪

京都の宿泊事情恐るべし! でしょ? 
ちゃこ | 2008/11/28 12:30 AM
COMMENT









Trackback URL
http://taberu-kyoto.jugem.jp/trackback/33
TRACKBACK