京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< チキンナゲットを作ってみた | main | たこのカルパッチョ 濃厚トマトソース >>
おもてなしの心
 
夫婦、長年一緒にいると忘れてしまいがちだけれども、忘れてはいけない…いや、忘れたくない気持ちがあります。

それは

‘おもてなしの心’

‘おもてなし’とは=心くばり、心遣い、思いやり。


恋人関係の時は相手のことを気づかったり、自分よりも相手の気持ちを優先したり、例え疲れている時でも相手の話を真剣に聞いていたはず。

それなのに、結婚して1年が経ち、2年が経ち、3年が経ち、いつの間にかその頃の気持ちを忘れてしまった夫婦は多いと思います。

結婚を決めた時、「この人と一生幸せになりたい」と願ったはずなのに…


結婚したばかりの頃を思い出してみて下さい。

女性の方、仕事から疲れて帰宅する旦那さんのために、あなたは何をしてあげていましたか?
男性の方、奥さんに「ありがとう」と伝えること、最近忘れていませんか?

ほんの些細のことだけど、するのとしないのでは差があります。そして‘しない’ことを続けていくと、その差はどんどんどんどん大きくなっていくのです。


私が心がけている小さなこと。
先生のために家を整えておくこと。部屋の温度を心地の良い温度にしておくこと、ゴミを溜めておかないこと、美味しい夕飯を用意して待っていること、飲み物のグラスを冷やしておくこと、そして笑顔でいること。

1つ1つは小さなことだけど、欠けると何だか物足りない。
これは私が「相手のため」と思ってやっていることだけど、実は自分のためでもあったりする、ということに最近気が付きました。
何て言うか…丁寧に生活をしているような気持ちになるのです。


レストランで心地良いおもてなしをされて嫌な気持ちになる人はいませんよね?
「素晴らしいサービスが受けられて幸せ」「大切に思ってくれて幸せ」と思うはず。

家がお気に入りレストランの様に心地の良い空間になったら、その空間で過ごす夫婦は今までよりも心にゆとりが出来て笑顔が増えるんじゃないかなぁ?と思います。

おもてなしの心を持つと、相手を大切に思うと、必ず相手にその気持ちは伝わります。ホッとし、笑顔になってくれるはず。
そして相手の笑顔で、こちらも笑顔になる。

そう、笑顔は伝染するのです。




ラメールさん

いえいえ、出来た奥様なんかではありませんよ。ワイングラスは時々割っちゃうし、物忘れは激しいし…
でもね、先生に出会って、今の私があるんだな〜とと思います。
さちこ | 2010/08/04 10:10 PM
出来た奥様をお持ちの先生がうらやましいで〜すo(^-^)o 先生のお気持ちも聞いてみたいな(*^o^*)
ラメール | 2010/08/04 2:02 PM
COMMENT









Trackback URL
http://taberu-kyoto.jugem.jp/trackback/325
TRACKBACK