京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< カジキと帆立のソテー クリームソース | main | 30歳へのカウントダウン >>
か、かぼっコリー!???


新しい食材に出合うとワクワクします。

例えば、海外に行くと日本には売っていない=未知の食材がありますよね。
今から12〜3年前、私はよく韓国に遊びに行っていました。隣の国なのに、初めて見る食材・食べ物を見つけては興奮しました(笑)。
トック、トッポッキ、ユヂャチャ(柚子茶)、チャジャンミョン(ジャージャー麺)、プンオパン(日本のたい焼きみたいなもの)、パッピンス、チャメ…上げ始めるとキリがない。
(書いていたら韓国行きたくなってきちゃったーーー!)
現地の人たちには馴染みのある or 当たり前の食材でも、外国人の私からすれば「???」。
珍しい食材は現地で食べて→美味しかったら日本にも持って帰りたいと思うけれど、生鮮食品だったり、持ち出し禁止だったりすることも多いので、なかなか思い通りにはいきません。


日本にだって、まだまだ知らない=未知の食材はあります。きっと東北の方とか、沖縄に行ったら「何これ〜」な食材が沢山あるでしょう。

“未知の食材を探し求める旅”な〜んてしてみたいなぁ♪


先日、珍しい野菜が 手に入りました。

その名前は… “かぼっコリー



「“かぼちゃ”と“ブロッコリー”の掛け合わせ?」と思ったけれど、どうやらブロッコリーは関係ないみたいです。



大きさはミニカボチャぐらい。

半分にカットするとこんな感じ。


皮も種も、かぼちゃを切る時のように「固くて包丁刺さらない〜!」ということにはなりません。かぼっコリーは、かぼちゃに比べて全然っ柔らかい。皮も種も食べられるんですよ、加熱することなく生のままで。

凝った1品を作ろうか?とも考えたけど、かぼっコリーの食感と味を感じてみたかったのでまずは半分シンプルにマリネにしてみました。




1.かぼっコリーの種とワタを取り除き、皮のまま千切り、またはスライサーで細くします。
2.塩&胡椒、お酢(大さじ2)、オリーブオイル(大さじ2)、蜂蜜(小さじ2分の1)をボウルに入れてよく混ぜ、そこへ1のかぼっコリーを加えてザッと和えたら出来上がり。

簡単すぎる1品。
かぼっコリーの食感は…きゅうりに少し似ていました。

和、洋、中、どのお料理にも使えそうですよ。色が鮮やかなので、お魚やお肉料理に添えても良さそう。

残りの半分はどう調理しようかな〜★




tちゃん

コリンキー、これもかぼちゃなんだ!?普通のスーパーではなかなか置いてないよねぇ。
知らない食材はどんどん購入して、メニュー開発するのも楽しいよ★
味はねぇ…表現するのが難しいわ。キュウリよりもバターっぽい←決してコッテリしてるというわけではないのだけど。
今度見つけたら買ってみて!美味しいから。 
さちこ | 2010/06/26 12:17 AM
めずらしい野菜ですね!食感はきゅうりとありましたが味はどうでした?
これに似た「コリンキー」という野菜があります。見た目は違うけど生で食べれる野菜でそれと似ているような!? 
めずらしい野菜って面白いですよね♪また紹介して下いね(^.^)
t | 2010/06/25 11:46 PM
さんこさん

ホントだー!鈴かぼちゃと同じっぽいですね。
いつ頃出来たお野菜なんでしょう? 2007年に既にあった…でもまだまだメジャーではないですね。美味しいし、食感も良いので、デパ地下のお惣菜屋さんで出したら一気に流行りそう!
鈴かぼちゃって可愛いネーミング!かぼっコリーじゃあ“ブロッコリー”と関係あるのかな〜?って思ってしまわないですか?私だけかなぁ?
さちこ | 2010/06/25 9:35 PM
http://sanko35san.exblog.jp/7461261/←前々職で 有機野菜を扱う業者さんにレシピの製作を頼まれたことがあって そのときの「鈴かぼちゃ」と似てるんですが
違うかなあ??

その人は種も食べられるから
種を食べられるレシピを考えてほしいといってきました。

カボッコリー 種も挑戦してみてください(笑)
 さんこ | 2010/06/25 6:30 PM
COMMENT









Trackback URL
http://taberu-kyoto.jugem.jp/trackback/292
TRACKBACK