京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 浅草ラスク | main | FLOWERS >>
幅広く勉強をする
 
外はまるでミストサウナみたい!
家に3台設置している除湿器の湿度計が さっき72%になっていてびっくり仰天!慌てて除湿器3台を“強”にし、エアコン2台を除湿モードに切り替えました。

この時期、カビアレルギーの私は辛いです。カビが最も生えやすいこの時期、家の中はカビ0でも、空気中にカビが舞っていますから、外に出るとすぐに体中が痒くなってしまいます。




さて、最近改めて思うこと。それは… “専門バカになってはいけない”ということ。
バカという言葉は使いたくなかったけれど、仕方がないですね。“専門バカ”って1つの言葉ですから。

これはどういう事かと言うと…

例えば私は“フード”に関することを仕事にしています。現在は某メーカーで商品開発の仕事に携わっています。

そんな私がフードに関する本だけを読み、フードに関係することにしか目を向けないとします。これで商品開発の仕事が出来るのか…??


答えは… 出来ます。
出来るけれど、フードのことしか勉強をしていない私には、決して面白い案は思い浮かんでこないでしょう。フード業界の常識的な話しか出来ないでしょう。

これは、どの職業にも当てはまることだと思います。

専門分野以外のことにも目を向けることは、とても大切なことだと思います。
他の分野のことを知る・勉強する、話を聞くことによって、そこから得られるものってすごく多いのです。

“勉強する”というのは=机に向かってという意味ではありません。課外授業だって大事な勉強。むしろ課外授業から得られるものの方が多かったりして…

美術館に行ったり、音楽を聴いたり、旅行に出かけたり…という、一見遊びのようなことだって実はとても勉強になるのです。ここから新しい発想が生まれることって多いですから。

なので私は常に頭にアンテナを張って、興味のないことでも出来るだけ経験してみたいと思うのです。

…と、偉そうに語ってしまいましたけど、私だってまだまだ、ま〜だまだ出来ていません。
私にとって、非常に難しい分野=哲学や科学のことも学びたいと思っているのだけれど、難しい本を読んでいると急に睡魔に襲われてしまって全然進みません。

ま、マイペースにね(笑)



ま〜さん

わ!確かに、要点は同じですね。
富士山より高い山なんかいくらでもある←その通り。
でも、世界中の人から愛される富士山には他の山とは違う何かがあった…それは基礎の部分、最も大切な軸だったのですね。軸がズレていると、その上がどんなにキレイでも崩れてしまいます。
広いジャンルで雑学を知っている人は、色々な話が出来て面白いですよね。
私も頑張らなくちゃ、って思います。
さちこ | 2010/06/16 9:28 PM
大学2年の時、先生がこういう話をしたのを覚えています。「富士山がどうして美しいのか?それは裾野の拡がりにある。富士山より標高の高い山なんか世界にいくらでもある。でも、あれくらい裾野の美しい山は無い。人間も同じだよ。雑学が大切なんだ。一つの事に集中するのも大切だけど、いろんなことに興味を持って勉強しなさい。」この話、何か通じるところがありませんか?
ま〜さん | 2010/06/16 12:38 PM
COMMENT









Trackback URL
http://taberu-kyoto.jugem.jp/trackback/283
TRACKBACK