京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Sunshine Cafe | main | 実家にて >>
IL LAMPOでPizza♪
 
春は別れと出会いの時期。

仲の良かった友人との別れはとても寂しい!! けれど行こうと思えば世界中どこだって行けるし、今はメールもFacebookもLINEもSkypeもあるので昔ほど距離感を感じなくなりましたね。


4月にメルボルンへ引っ越してしまう友人Yumiちゃんと (いいなぁ、メルボルン!! 私も追いかけるからね(笑)

IL LAMPO http://tabelog.com/kyoto/A2602/A260202/26005208/ へ行きました。

IL LAMPOは17:00からオープンしているので、ちょっと早い時間から飲みたいな♪という時にはぴったり。 立ち飲みもあるので本格的に飲む前に軽く一杯、という時にも良いですね。

まずはビール!と思いましたが、ビールってお腹が膨れてしまうので白ワインからスタート。 結局こちらではイタリアのグラスワイン3種類楽しみました。

Yumiちゃんチョイスの鶏レバーパテ。 りんごのピューレと一緒にいただきます。 レバーパテとりんごってこんなにも相性の良いものとは…この時初めて知りました。 もちろんレバーパテ単体でも美味しいのですが、ほんの少しりんごピューレをのせるだけで口の中が華やかに。 

自家製サルシッチャのローストは噂で美味しいと聞いていたのでオーダー。 程良い弾力、そしてしっかりお肉を感じられるソーセージでした。

マルゲリータ。
石釜で焼かれたPizzaはサクッと香ばしく、そしてもっちり。噛めば噛むほどに小麦の風味が感じられます。 耳の部分(つまり素焼きの部分)だけでもワインが進んでしまいそうなほど。

お好みで唐辛子のオリーブオイルを。 タバスコのようなツンとした酸味が無く、ストレートに辛いのでなかなか癖になるオイル。
唇のまわりが良い感じにヒリヒリになりました(笑)   

2枚目はクアトロ・フォルマッジ。
…2人で2枚は食べ過ぎ??? いえいえ、そんなことはありません。こちらのPizza、すんなりとお腹に収まってしまうのですよ。
ゴルゴンゾーラ・タレッジオ・モッツァレラ・グラナパダーノ4種類のチーズが贅沢に使われています。 これなら赤ワインにも合いますね。

Pizzaはこの石窯で焼かれています。
石窯だと高温でサッと焼けるので、無駄に水分が飛ばずジューシーな仕上がりになるのですね。

お腹一杯〜♪
でももう一杯飲みたいね、ということで近くのパブに移動しました。


なのはさん

海外移住、ほんっとしたいですーーー★
いつか、きっと!

レバーパテ、ぜひお試し下さい。
リンゴジャムを添えると良いかもしれませんね♪
さちこ | 2013/02/08 10:47 PM
海外移住、私も憧れます〜☆ステキな夢ですね。

レバーパテ、ほんとだ。レシピ載ってる(笑)ヤッター。さちこさんレシピで作ってみます。楽しみぃ♪♪
なのは | 2013/02/07 8:16 PM
なのはさん

そうなんです、旅行先が増えるので嬉しいですね。
将来は海外移住したいので(大きな夢ですが)その時は皆の旅行先リストに加えてもらわなくちゃ♪

レバーパテ、難しくないですよ。
このブログの「お料理レシピ 肉」の上から2番目にレシピ載ってます(笑)
さちこ | 2013/02/07 5:17 PM
miecakeさん

うん、間違いなく合う!

えっ、おいでよー、京都♪
また旦那さんとも飲みたいし(*^^*) miecakeさんは… 飲んでいいのー(笑)?
さちこ | 2013/02/07 10:35 AM
大人になると、友人ともそれぞれの事情で離ればなれになる事も多いですよね。
でもほんと、今は色々な手段ですぐに「つながり」が持ててある意味近いですよね。訪ねていく楽しみもあるし♪

IL LAMPOピザやパテ美味しそうですね。パテって作ってみたいなぁと思ってるのですが難しいのかなぁ?


なのは | 2013/02/07 9:45 AM
あー
懐かしいな〜。。。
関西引越す前に行っときたいね!って旦那さんと話しちゃった(笑)
ソーセージ食べたことなかったけど美味しそう!!
ビールにあうだろうな&#9825;
miecake | 2013/02/07 8:08 AM
COMMENT









Trackback URL
http://taberu-kyoto.jugem.jp/trackback/1037
TRACKBACK