京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
焼き肉はやっぱり
 
 ‘森ガール’ や ‘釣りガール’ という言葉が一時流行りましたが、私は…  ‘肉ガール’ です(笑) お肉大好きっ。 
豚肉、鶏肉、ラム、どれも好きですが、やっぱり…牛肉かなぁ〜。そして牛肉は和牛が好きです。

京都で焼き肉が食べたくなった時は、必ず


 http://www.yakiniku-hiro.com/ を予約します。
先斗町や三条にもありますが、私はこちらの木屋町店と相性が良いようで、毎回こちらへ通っていますよ。


細い路地を歩いて行くと奥に入り口があります。
その途中にガラス張りの厨房があるので調理中の様子が見えるのですが、この厨房の清潔さにはいつも感動しています。 アルコールスプレーが各所に置いてあり、全員マスク&手にはビニール手袋。
食中毒、ノロウィルス対策は万全ですね!


さぁ、まずはお決まりの


ビールで「お疲れさまぁ〜」。 この日は先生(夫)と。


ユッケ!!
復活したのです。 弘だからできることなのかもしれません。 
嬉し〜い! 生肉は、本当に信頼しているお店だから安心していただけます。 新鮮で臭みは一切感じられません。もっちりとした食感で本当に美味しい。


大トロ刺しも必食メニュー。 私たちの中ではユッケと大トロ刺しはセットメニュー。
脂が口の中でじわぁ〜っと溶ける感じが好き。 


放っておくとお肉しか食べない私に「野菜は? ナムルの盛り合わせ頼んだら?」と先生。
野菜が嫌いなわけではないのです。むしろ好き…だけど、焼き肉の時はどうしてもお肉を堪能したくてつい…。


ウチヒラはウチモモのこと。
程よい弾力があるウチヒラ。黒胡椒のパンチが効いた塩だれがしっかりと絡んでなかなか美味しいです。


右側のトングは生肉用、左の菜箸は焼けたお肉をとる時に使います。
こういう気づかい、嬉しいです。


マンゴータンは1日5食限定メニュー。
この大きい塊ごと網にのせて両面焼き、食べる際にハサミでカットします。
厚みのあるマンゴータン! よくいただく薄いタンとはやはり違います。 軽い‘コリコリ感’が楽しめるので、しっかり噛みしめながらいただきます。


ホソ 塩、は前回いただいて感動したメニュー。 脂っこいものが苦手な方はダメかもしれませんが私は大好き!  ホルモンと聞くと「噛み切れない」というイメージを持つ方もいると思うのですが、そんなことはないのですよー。 プリッとしていてとにかくジューシーで、私は今後毎回オーダーする予定。


史上最強のロースも毎回お決まりの一品。


2面だけサッと焼き、レアでいただくのが1番美味しい状態。
はぁ、もう美味しくてため息しか出ない…


最後は和牛上カルビで〆。
柔らかくて、甘辛のタレがカルビによく絡んでいます。 焼き肉はタレよりも塩派ですが、こちらのタレはサラッとしていて、お肉の良さを引き出すために強調していない控えめの風味なので好きです。


あぁ、大満足!!! やっぱり弘は私の幸せ&元気の源。

これだけお肉をバクバク食べた後は必ず、昔お肉を食べなかった頃(ベジタリアン時代)の話になります。
2年間のベジタリアン時代を取り戻すかのように(笑)私は今後も肉ガールでいきますよー。


クリスマスの夜は
 

クリスマス、皆様はどのように過ごされましたか?

「キリスト教でない日本人がクリスマスを祝うのはおかしい」と思っている方もいると思いますが(現に私の知人にもこういう子がいます)私は「楽しければいいんじゃないかなぁ」と思ってしまうタイプ。
だって、街中はイルミネーションで綺麗だし、クリスマスプレゼントを選ぶ時間ってとても楽しいし、クリスマスケーキも食べたいもの♪


私は今年のクリスマスはちょっと慌ただしく過ごしました。
朝5:55分に起きて東京から京都に戻りそのまま仕事へ向かったのです。 ふと「出張の多い会社員はこんな風にハードに過ごしているんだなぁ」と思いましたよ。 長時間の移動って結構体力使うのです。

そして夜は友人=マトちゃん http://ameblo.jp/matochan700/ とお出かけをしました。
大好きな焼き肉屋さん、(ヒロ) http://www.yakiniku-hiro.com/ へ。


前に “一人だと行けない飲食店” について話した時に、‘焼き肉’‘お鍋’‘コース料理’は一人では行きづらいという意見が一致しました。 そこで、今回はこの中のどれかにしようと思い、焼き肉に決めたのです。


まずはお決まりのビールから!
ビールのない焼き肉なんてあり得なーい(笑)

ナムルをつまみながらお肉を待ちます。

先生(夫)と一緒だと頼まないホルモンをここぞとばかりにオーダー。
これはホソ塩です。 …そういえば、ホソって京都の言い方なのですね!?
全く癖がなくてとにかく新鮮なのが分かります。 プリップリで脂がじゅっわぁぁぁ〜と出てくる出てくる。 これは次回も頼まなければ、と思いました。

マトちゃんご希望でサムギョプサルを。

サンチュにニンニク、コチュジャン、オニオンスライスをお好みで巻いていただきます。
脂が好きな私は実はそのまま(お肉単体)でも美味しくいただけるのですが、お野菜に巻いていただくとまた少し違った味わいになりますね。
お肉単体で食べるならビールだけど、お野菜に巻くと冷たいウーロン茶でも合う気がしました。

目の前でお肉を焼くので、顔も体も火照ります。
ビールが進む、進む♪

お豆腐のサラダにはゴボウやサツマイモ、パプリカも入っていてバランス良いですね。
いつも焼き肉に行くと最初から最後までお肉で通してしまう私ですが、友人の「サラダも食べたいなぁ」の言葉でハッと気がつくのです。 バランスの良い食事を心掛けないと、って。

和牛特選カルビは‘カルビ’と呼んでしまうのが申し訳ないほど脂のりが素晴らしく柔らかいです。

史上最強ロースは弘に来たら絶対に食べたい1品。 名前の通り、史上最強な感じがしますよ(笑)
脂が苦手な方にはお薦め出来ませんが、好きな方はぜひオーダーしてみて下さいね♪


お腹いっぱーい!でしたが顔も体も暑くて暑くて、冷たいものを体が欲したので

白玉抹茶アイスを。
下にコーンフレークがたっぷりと入っているのでザクザク感も一緒に楽しめます。


あぁ♪ 大満足のディナーで幸せいっぱい。

私の中で焼き肉と言えば=弘。 浮気はしません。
この日も満席で賑わっていた弘。 きっとこの方たちも‘焼き肉=弘’と思っているんだろうなぁ〜なんて、勝手に思ってしまいました。


この後はお散歩をしながら2軒目へ向かいます。

お肉食べて幸せ〜〜★
 

夫婦って味覚や食べたいものが似てくるのが面白いのです。

「今日はフレンチへ行こうか」と話して、行きたいお店も3つリストアップしていたのに私は何だか夕方ぐらいからフレンチではなくて焼き肉の気分になってしまいました。 「でも、先生とフレンチって決めていたし…」と思っていたら、先生も「美味しい焼き肉が食べたいなー」って言い出してビックリ!! だったら!ということで焼き肉屋さんへ行くことに決定★

(ひろ) http://www.yakiniku-hiro.com/

いつもは木屋町店へ行くのですが、今回は何となく気分を変えて千本三条の本店へ行ってみることにしました。


私は‘安心で安全なものを提供すること’が、飲食店にとって1番大切なことだと思っています。 特に最近その思いが強くなりました。
私たちの体は食べた物から作られています。 どんなに美味しくても、それが安全でないものだったら… 口にし続けることで体を壊してしまうことだってあるのです。 
食材の品質に少しでも不安要素があると、例えそれが昨日まで美味しいと思っていたものだったとしても、不信感を持った途端に美味しいと感じられなくなってしまうことだって。

弘は厳選したこだわりの和牛を一頭買いしています。
‘牛の生育への情熱が品質に大きく関わってくる’と考えている弘は、生産者は 「この人が育てた牛であれば」 という農家さんの人柄も大切にしているのだそうで、私たちも安心していただくことが出来ますね。

ドリンクメニューはワインや焼酎もありますが、焼き肉の時はやっぱりビールがいい!

目の前でお肉を焼くため、だんだん顔と体が熱くなってくるのでクールダウンさせるためにもやっぱりビールが最適。


途中から食べるの夢中になってしまったので写真は一部ですが… ユッケからスタートです。

和牛ローストビーフ 弘ユッケ

ユッケが禁止になってからは弘ではこのようにお肉の表面を炙って‘ユッケ風’ になりましたが、美味しさは健在ですよ。

卵黄をよーく絡めていただきます。
あぁこのねっとりとした食感、卵黄が絡み合ってまろや〜かになった弘ユッケ… 思い出すだけで幸せが蘇ってきました。
一昔前はお肉はしっかり焼かないと食べられなかった私が、いつの間にかユッケが必須オーダーとなっています。やっぱり京都でいただく牛肉は秀でて美味しいと思うのです。



和牛焼き霜 弘牛トロ

まわりはサッと炙って中はレア。ネギと生姜をほんの少しずつ巻いて生姜醤油につけてお口に放りこむと香ばしい香りとお肉の脂、生姜とネギの香りが一気に広がります。
これは日本酒と合わせるのも良さそうだなぁ。

手作りナムル盛り合わせ

焼き肉屋さんへ行くと最初から最後までお肉!!!になってしまうので、少しお野菜も食べましょう!ということでナムルを。 


天下無敵のヒレ(右) 史上最強のロース(左) 和牛特選カルビ(上) 

お肉は「軟らかければ良い、というものではない」とは思っているのですが、やっぱり軟らかくて脂肪分が多くてとろけるお肉が好きっ!
口の中で元気よく弾けて広がる脂は決してしつこくはなくて、スッと儚く消えてしまいます。
美味しいお肉を食べてうっとり… あぁ、本当に幸せーーーーーーー★

天肉

天肉はほほ肉のことです。塩とタレを選べるのでタレでお願いしました。
先ほどのとろけるロースやカルビとは違ってしっかりと噛み締めていただく天肉は、噛むほどに染み込んだタレとお肉の旨味が感じられるのです。

焼いて、食べて、「あぁ幸せ」としみじみ感じる… 弘でお肉をいただく時はこの連続。
このブログを書きながら、こんな時間(もうすぐ24:00)なのに今すぐ弘に飛んで行きたい〜。 

 
焼き肉の日〜♪

一緒に食事をしたことがない友人からは、よく 「さちこさんってお肉食べるんですか?お肉のイメージがないです」と言われますが…

思いっきり肉食です。お肉大好きっ❤
これは間違いなくパートナー(=先生)の影響でしょう。
‘歳をとって、お肉よりもお魚の方が好きになった’という方が多いようですが、ウチの先生はその傾向は全くなさそう。 嬉しいことです。


「焼き肉食べたいね」=「弘に行きたいね」 →→→ 我が家の暗黙のルール。

で、行ってきました。

  http://www.yakiniku-hiro.com/kiyamachi.php

焼き肉屋さんでは、サラダやビピンパ、クッパなどは注文せず、ひたすらお肉をいただきます。



和牛とろ刺身と、箸休めのナムルの盛り合わせ。



和牛ユッケ
信頼のおける焼き肉屋さんなので、躊躇することなくオーダーしました。




牛タン塩焼き(手前)と、史上最強のロース(奥)
豪快な厚切りロース肉は、レアが食べ頃です。

「とろける〜」とは正に、このロース肉のことだと思います!!!



和牛特選カルビ
こちらもとろけるほど美味しい。


お肉はヒレよりもロースが好きです。私もまだまだ若いわね(笑)。
この後、史上最強のロースと和牛特選カルビを追加オーダーしました。


そして


和牛たたき
右に添えられているのはポン酢のジュレです。


写真を撮るのを忘れてしまったのですが、天肉(ほほ肉)をいただいてご馳走様。


この日、私は何度「あーーーっ、幸せ〜〜っ!!」と叫んだでしょう。
少なくとも5回は「幸せ〜〜」と言ったと思います。

生ビールと共に、幸せを噛みしめました。


弘を出てから、先生と鴨川をお散歩。
鴨川は良いデートコースですね

やきにくーーーーっ!
 
我が家で「焼き肉食べに行こぉ〜!」というのは=「 に行こう」ということ。
何となく、毎回弘の木屋町店へ行ってしまいます。

予約をするのはいつも直前(当日か前日の夜)になってしまうので、満席or18:50分までの時間制限があっても宜しければ…ということになってしまいますが、オープンと同時=17:00に入店すれば意外とゆっくりと焼き肉を堪能することが出来るのです。


いつも頼む物は決まっていて、まずは絶対にコレ!!!


新鮮和牛ユッケ
1人1皿いただくので、2人前注文します。ネギやキュウリの細切りが添えてあり「混ぜて召し上がって下さい」ということだと思うのですが、私は薬味を混ぜずに卵黄とユッケのみを混ぜていただくのが好きです。


脂っこいお肉が苦手な人にはお薦め出来ませんが


新鮮和牛とろ刺身も欠かせません!
美しいサシの入ったとろ刺身。‘鮪の大トロ’にも似たとろ刺身。

いつも大体この辺りで「牛肉を食べなかったサチコが生の牛肉を食べるようになるなんてねぇ」と先生が呟きます(笑) ホント、私もビックリよ。




ナムルの盛り合わせ
豆もやし、ほうれん草、大根、ゼンマイ、しめじ




牛タン塩焼き
胡麻油の香ばしい香りの牛タンにレモンをキュッと絞っていただきます。 ビールに合う〜っ★


私たちは脂の乗ったお肉が好きなので(赤身も好きですよ!)つい好きな部位ばかり注文してしまいます。


史上最強のロース
希少部位のサーロインなのに厚切りなのが嬉しいです。太っ腹〜!
完全に火を通してしまうのは勿体ない。 表面はカリッと中はレアな状態でいただくのが弘オススメです。
好みでニンニクチップを乗せて(私は翌日のことを考えて乗せませんが)。




和牛特選カルビ(タレ)
カルビを食べながら「韓国の焼き肉ってどうなの?」と先生。 韓国に多少詳しい私は、先生の疑問に張り切って答えます。 「韓国の焼き肉はもっと脂が少なくて、カルビなんかは焼きながらハサミで切っていくの。 お肉のみで食べるより、サンチュに包んで食べてたなぁ。それから焼き肉の後にはほとんどの人が冷麺食べてたよ。」と、韓国の焼き肉事情で盛り上がりました。

そして「じゃあ韓国行こうか!」という話になり、韓国行きが決定しました★ わ〜いっ!!!

先生の仕事の関係上、すぐには行けないけれど(それに韓国の1月〜2月は極寒だから避けたい)来年の4月頃には行こうかな、と思っています。

一時期はよく通っていた韓国。その頃からもう10年も経ってしまっているので、街の様子も変わっているでしょうね。


そうそう。
私たちは焼き肉を食べに行っても、〆のビビンパは冷麺はいただきません。ひたすらお肉とビールを堪能するのです。
そして帰り道にアイスクリームを食べる。いつもお決まりのパターンです。

あぁ、美味しかった★



http://www.yakiniku-hiro.com/
Add:京都市中京区三条木屋町上ル
 Tel:075−213−5000
Open:17:00〜24:00(LO:23:00)
予約電話:0120−323−388(14:00〜24:00)
京の焼き肉 『弘』
 
 京都の“3大焼肉屋”なんていうものがあったならば、必ず入るであろう焼肉屋さん。
 『弘』。いくつか支店がありますが、昨日は木屋町店へ行ってきました。

 石畳の長い路地を進んでいくと入口があります。

 仕事がものすごく忙しくて1日中バタバタしていたので、お店に到着した時は空腹度はピークに達していました。
 普段はワインが多いのですが、焼き肉にはやっぱりビールでしょう!ビールで乾杯です。

 まずは『和牛ユッケ』。
 2年ぐらい前までは生肉=ユッケが苦手でした。美味しいユッケを食べたことがきっかけである日突然好きになり、今では焼肉屋さんに行くと必ず注文するほど。

 ナムルの盛り合わせも欠かせません。キムチは翌日のことを考えるとちょっと考えてしまいます。

 次の写真にいきたいところですが・・・すみません。ここで終わりです。
 あまりにもお腹が空いていたのと、疲れていたのとで、食べることに専念したかったのです。
 ブロガー失格(笑)

 その後、タン塩・ミスジ刺身・天肉(頬肉のこと)・史上最強のロース・和牛特選カルビ・壺着けカルビなどを堪能いたしました。
 史上最強のロース、素晴らしかったな〜。薄切りではなくサイコロ状にカットされたロース肉は「レアで食べて下さい」とのこと・・・ミディアムで食べました。ユッケとか、ミスジの刺身とか食べるくせに、こういうお肉はしっかり焼きたい私。「矛盾してない?」と夫からよく言われます。うん、確かに。

 『弘』は母体が精肉店だそうで、質の良い和牛を安く食べられるのが嬉しいです。


 『弘』 木屋町店
 Add:京都市中京区木屋町三条上ル
 Tel:075−213−5000