京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
コメダコーヒー
 

コメダ珈琲といえば、やっぱりシロノワール!ですよね。
私もだーーい好きです。 行くとついついシロノワールをオーダーしてしまうので 「今度こそ他のメニューを…」 と思うのですが、結局頼むのはシロノワール。

でもね、前から気になっていたものがあって、今回はちゃんとそちらをオーダーしました。


ニューヨークチーズケーキ

密度の高い濃厚なチーズケーキ。 だけどしつこくはなく、親しみやすいお味でした。

コーヒーには豆菓子(落花生)がサービスでついてきますよ。

ニューヨークチーズケーキをいただきながら 「さて、次回は何をいただきましょう」 と考えてしまうのは、典型的な食いしん坊の証拠ですね。

珈琲ジェリーとはちみつロールが気になっています。 みそカツサンドとカツサンドも美味しそうだけれど結構ボリュームありそうな感じで悩む〜。
と悩んでいて結局シロノワールになりそうな…そんな予感がします(笑)  



シロノワールが好き!


この1ヶ月で3回は食べたかな。

コメダ珈琲 http://www.komeda.co.jp/ の

シロノワール

もちろんミニサイズ。普通サイズの方は1人で食べるのは大き過ぎますから。

シロップをたら〜っとかけて、いただきます
ほんのり温かいデニッシュパンと、冷え冷えのソフトクリーム。 デニッシュパンといっても、バターたっぷり・サクサクではなくて、ふわふわ(ほんのりサクサク)とした軽くバターの香りのするデニッシュパン。
このデニッシュパンにソフトクリームを絡めていただくと、もーーーーーーう幸せ

いつもシロノワールなので、今度はニューヨークチーズケーキを試してみようかな。
コメダ珈琲へ行くと、つい口が 「シロノワール」 と言ってしまうのですよ(笑)
DEAN&DELUCAでランチ♪
 
女性なら嫌いな人はいない(であろう)

DEAN&DELUCA http://www.deandeluca.co.jp/

私も好きです。
パスタ、オリーブオイル、ジャム、蜂蜜、瓶詰めのパスタソース、ディップ… ここは私のアミューズメントパーク(笑)  欲しいものが沢山並んでいてもう大変。 外出先だと荷物になってしまうので購入を断念することも度々あります。 京都にも一店舗あったらいいのにーっ。


こちらは名古屋店。 ミッドランドスクエアのB1階に入っています(お隣は富沢商店で、こちらも手ぶらでは帰れません)。


この日はランチをいただきました。

プレートランチはメイン(2種類から選べます)、お惣菜2種類を選びます。 セットメニューの他にも単品も(キッシュやフォカッチャなど)もありますよ。


どれも美味しそうで迷いますが、ここから2種類選ばなければ…


で、こんなランチプレートになりました★


メインは、牛すじの赤ワイン煮込み(with ライス)。 もう一方はトマトクリーム系のパスタでしたが、牛すじ大好きな私は迷わずこちらをチョイス。

これで¥840! コストパフォーマンス高いですね。¥1300でもおかしくない内容だと思います。


(上) クラシックラタトゥイユ
皮をサッと炙ったパプリカは大きめにカットされているので食べ応えがあります。ズッキーニも茄子も黄色パプリカも、トマトソースの味が中まで染みこんでいて良かったです。

(下) くるみの香りのする5種類の豆サラダ
ひよこ豆、キドニービーンズ、枝豆、グリーンピース、黒大豆。 それからベーコンととうもろこし。 豆サラダを食べると体が喜んでくれる気がしませんか?



メインの牛すじの赤ワイン煮込み。 トロトロ〜&トロンとろける食感の牛すじ。 こちらもとても美味でした! 定番メニューに加えてほしいなぁ。


ところで、私は昔からDEAN&DELUCAのキャップ(黒)を愛用しているのですが、最近見かけません。東京のDEAN&DELUCAにも無かったし、販売終了してしまったのかな? お気に入りのキャップでかなり使い込んでいるので、そろそろ新品を購入したかったのだけど…
コメダ珈琲でモーニング♪
 
ブログ名が‘おいしい京都.com’なのに、最近京都に居ないことも多くて思うように更新が出来ていません。 京都の情報を楽しみに読んで下さっている読書の方… ごめんなさい。  


さてさて、名古屋の喫茶店のモーニングは太っ腹なことで知られていますが、私もそのサービスを体験してきました。

コメダ珈琲 http://www.komeda.co.jp/ のモーニングです。

モーニングサービスはopen〜a.m.11:00まで(一部店舗ではモーニング時間が異なる)。
好きなドリンクをオーダーすると無料でトーストとゆで玉子がおまけで付いてくるというものです。
小倉は+¥100、ミニサラダは+¥200で付けることが可能です。


私は、ブレンドコーヒーをオーダーし


ね。 ホントにおまけが付いてきた。
そして小倉を付けました。 こちらの合計金額480円!です。

トーストに染み込んだバターの塩分と、小倉の甘さの組み合わせが大好きです(去年の夏頃、私は小倉トーストにハマって毎朝のように食べていたっけ…)。

皆様はカリカリッとした薄切りトーストと、ふわっふわな厚切りトースト、どちらが好きですか? 私は…どっちも好き。
こちらのパンは厚切りで、カリッとフワッの両方の食感が楽しめたのが嬉しかったです。


茹で玉子はテーブルにコンコンあてて剥きます。 固ゆででした。 本当は半熟卵の方が好きですが、久しぶりにいただく固ゆでは、それはそれで美味しかったなぁ。 


そうそう。 コメダ珈琲で前から気になっていたことが1つありました。 「マグカップに描かれている紳士って誰?」 って。
友人=マトちゃんが「あの紳士の絵は、コメダの常連だった美大生が描いた絵みたいだよ」と教えてくれましたよ。
誰かモデルになっている人物がいるんだろうか?? あの紳士を見ると、私は何となく‘足ながおじさん’を思い出します。




ついに!
 
前から気になっていたあれ、私もついに食べに行ってきました。


行った先。 そこは…


コメダ珈琲 http://www.komeda.co.jp/

わざわざ名古屋まで行かなくても、京都にも東京にも、大阪、滋賀にもコメダ珈琲はあるので、食べたくなったらいつでも行けますね。

オーダーしたのはもちろん

シロノワール(ミニ)+ブレンドコーヒー。

コーヒーには


豆菓子のおまけが付いています。 ビールが欲しくなっちゃう。


‘シロ’=白、‘ノワール’=フランス語の黒からシロノワールと命名されたのだそうですよ。


食べる前は「みんな美味しい美味しいって言っているけど、ホントのところどうなの?」と実は思っていたのだけど、1口食べてみてその疑いは晴れました。


メープルシロップをかけていただきます。

パンはバターの良い香りがするデニッシュパン。 軽く温めてあり、ふんわり軟らかです。 その上になめらかで冷たいソフトクリーム。
デニッシュパンは甘くなく、ソフトクリームも甘さ控えめ。 メープルシロップで甘さが調節できるのが嬉しいです。

温と冷の組み合わせは最後まで食べ飽きません♪ 
シロノワールの大きさに対してフォークが小さいので正直なところちょっと食べにくいのですが(そしてナイフもつけてほしい)まぁそこはご愛嬌ってことで(?)

私、シロノワールにハマっちゃった!!
そして実は、この翌日またシロノワールが食べたくなって連日コメダ珈琲に行っています。


今度利用してみたいのが

モーニングサービス。

コメダ珈琲のモーニングサービスの太っ腹なこと!
このサービスを知らずにコーヒーを注文した人はびっくりするでしょうね。 「えっ!?私頼んでないですけど」って。

朝食を外で食べる習慣がないので、今から楽しみです。 私は小倉をトッピングしたいなぁ。
アサイーボウル

豊橋に2泊していました。 

豊橋滞在時は特に観光はせず、宿泊先のホテルで過ごします。 ホテル内のミニジムへ行ったり、部屋で読書・お勉強・半身浴… のーんびりと。

ココラアベニューhttp://www.cocolaavenue.jp/ ココラフロントhttp://www.cocolafront.jp/ カルミアhttp://www.toyohashi-kalmia.jp/ ぐらいかなー。豊橋駅の周辺で面白いのは。 

食事もあまり冒険していません。
朝・昼はスタバやエクセルシオール利用することが多いし、夜も消極的。

そんなわけで、豊橋のグルメ情報には詳しくないのですが…


Aloha Table http://www.alohatable.com/toyohashi/

ちょっと気になって、カフェタイムに入ってみました。

ロコモコ、アボカドバーガー、ガーリックシュリンプ、コブサラダ…ハワイらしいお食事メニューが魅力的ですが、お腹が空いているわけではなかったので


アサイーボウル ¥580 を。

アサイーは氷と合わせてミキサーでスムージー状にしてあります。 オーダー後にミキサーにかけてくれるので、とってもフレッシュ! なめらかで、スーッと体に染み込んでいくスムージー。


いちご、バナナ、ブルーベリー、グラノーラ、蜂蜜がどっさりとトッピングされていて、栄養バランスも良いですね。
私、このアサイーボウル毎朝食べたいです!!!

アサイーベリー


ブラジル・アマゾンが原産のヤシ科の植物。 見た目はブルーベリーに似ているけれど別物です。
活性酸素を抑えてくれることから錆びない体作り=アンチエイジングにぴったりで、ブラジルではミラクルフルーツ(奇跡の果実)と呼ばれているのだそう。

アサイーベリーは収穫後24時間以上経つと酸化してしまうので、加工してから輸出されますよ。

 
アサイーベリーを使ったデザートって、そういえばあまり見かけませんね?
京都でいただける所は… ちょっと調べてみようと思います。
presto coffee
 
私はFacebookを利用しているのですが、最近「始めて良かったぁ」と思うことが多々あります。

お互い結婚し何度も引っ越しをしているうちに連絡が取れなくなってしまった友人がFacebook上で見つかって再び連絡が取れるようになったり、喧嘩別れをしたままでずーーーっと気になっていた高校時代の親友から「私もずっと気になって探してたんだよ」と連絡がきたり。
ありがとう、Facebook!


さて、名古屋の記事です。

東山線の一社の駅から徒歩6〜7分、マンションや一軒家の並ぶ住宅街。 ここ以外、周りにはオシャレなカフェやレストランは見当たりません。

ここ


presto coffee http://prestocoffee.jimdo.com/

「お客様にこの味を求めてわざわざ訪ねていただきたい」と思って、この場所にお店を構えたのだそうです。



椅子はフランスのデザイナー、クリストフ・ピエのデザインで、この椅子に合わせてテーブルやカウンターを選んだのだそうです。
そう。椅子って大切っ! どんなに素敵なカフェでも一見居心地の良さそうなカフェでも、椅子の座り心地が悪いと長居するのは厳しいですから。


オーダーしたのは


カフェラテ。

可愛すぎるカフェラテ! しっかりと目に焼き付けて、写真を撮ってから1口1口大切にいただきました。

私の友人にもラテアートを仕事にしている人がいるのですが、ホント尊敬します。
牛乳とエスプレッソだけでこんなに可愛い絵柄が描けてしまうなんて神業でしょう!!
練習すれば誰でも出来るようになる…わけではないんだろうなぁ。 私もラテアートというものを習ってみたいのだけれど…


カフェラテの横に添えてあるロータスのビスケット、好きです。 成城石井やカルディ、ジュピターなどの輸入食品店でも売っているので食べたければ自分で買えばいいのだけれど、時々こうやってカフェで横に添えてあるビスケットをいただくのが密かな私の楽しみ。だから買いません。


帰り、店主のお兄さんとお話しをしてみると、彼は京都出身ということが分かって嬉しくなりました。
京都出身の方が他県で頑張っていると、応援したくなってしまいます。そして‘私も頑張ろ!’と勇気をもらうのです。



庭園ギャラリーいち倫
 
覚王山の縁日を楽しんだ後は「ここに行こう!」と決めていたところがありました。

日泰寺の西側にある



庭園ギャラリーいち倫 http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230107/23003976/


この門をくぐり


緑に囲まれた小道を進んでいくと入口。


着いた!

こちらは、昭和14年に建てられた民家をそのまま生かしたのだそうです。


おばぁちゃんの家みたいな、ちょっと懐かしい雰囲気の内装。

テーブルの土台に注目〜。


火鉢になっているんです。


趣のある空間、心が落ち着きます。


人気席は


庭園を眺めながらくつろげるこの席。


覚王山の縁日=21日はランチメニューはなくて、甘味メニューだけ。

黒ごまプリン(わらび餅とほうじ茶がセットになっている)と迷ったけれど、メニューに ‘1番人気’と書かれた宣伝文句(?)に負けて、1番人気の


とっと木セット ¥700 をいただくことにしました。
お盆にちょこんと添えられた一輪の花が可愛らしい。

‘とっとき’とは、三重弁でとっておきという意味だそうですよ。

草餅と梅干し・きゃらぶき・お漬け物、緑茶がセットでこの価格は嬉しいですね。
喫茶メニューには、三重の‘天然の岩清水’を使用しているのだそうです。


天然のよもぎをたっぷり使った草餅は、爽やかなよもぎの香り。 私、草餅ってだーーーい好き。 小豆は薪で炊いているのだそうで、こだわりが感じられますね。 スッキリとした甘さで、後引く美味しさ。

お餅って、作ったその日にいただかないと固くなってしまうからお土産に持って帰れないのが残念。



伝票の代わりに、この板を会計時に持って行きます。


店内では可愛らしい小物・雑貨が販売されていて




このねこクリップを購入しました。


写真に白く描き込んでみました。こんな感じで洗濯ばさみが入っているのです。
ユニークなアイデアだなぁ。


名古屋の旅はまーだまだ続きます。
京都の情報を待っている方、ごめんなさい。 京都と名古屋、半々で過ごしているので…