京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
桜坂 フレンチ&カフェ
 
 一昨日、京都出張から帰ってきたばかりなのに、また明日から行ってきます。
 バタバタ忙しいけれど、新幹線の中で爆睡するので大丈夫です。それにまだ若いですし(笑)

 先日行ったフレンチ&カフェ(?)、アップするのを忘れていました。
 桜坂の『Maison de Yoshida』(メゾン・ド・ヨシダ)。平日20:00、広々とした店内には私と夫だけ。他にお客様はいらっしゃいませんでした。何故??
 店内にはパンや焼き菓子を販売している一角もありました。

 サーモンがたっぷり入ったサラダ。野菜をムシャムシャ食べると体の中からキレイになっていく感じがしますね。自家製のピクルスも入って、これは好きです。

  赤ワインにも合いそうな豚肉のテリーヌの入ったサラダ

 メインは牛ロースステーキ フライドポテト添えです。

 もう少し脂ののったステーキが好き(-_-)です。赤身の部分がほとんどで、サシが入っていなかったの。残念。でも横に添えてあるフライドポテトが美味しいから、まぁいっか(笑)?

 ガラス張りで外が見えて、天井が高くて広々とした店内。居心地は悪くないのだけれど、1つ問題が・・・それはバックサウンド。目の前に座っている夫の声も聞き取れないほどの音量。「ボリュームを下げていただけませんか?」と言ってみたのだけれど、ビル全体の管理で調節が出来ないとのこと。うーーーん・・・(;一_一)そこがマイナスでした。
 音量問題が改善されたら、もっとお客様も入ると思いました。


 『Maison de Yoshida』(メゾン・ド・ヨシダ)
 http://myoshida.jp/
屋台デビュー★
 
 福岡に越してきた翌日、仕事仲間(T氏)と彼のお友達、夫と私の4人で食事へ行くことになりました。T氏はNY育ちNY在住の、色々なことをマネージメントするやり手の人。私の上司でもあります。そんな彼は、実は博多生まれ。高級レストランから屋台まで‘美味しいもの’にはかなり詳しいのです。
 そんなT氏が連れていってくれたのは、春吉橋のすぐ手前にお店を構える『武ちゃん』。餃子で有名な屋台です。
 私、実は昔からちょっと屋台に憧れていました。

 外は寒〜いのに中は意外と暖かかった・・・人の熱気のおかげかしら?

 名物の‘餃子’

 芋焼酎(ストレート)と頂きました。
 可愛らしいミニサイズの餃子。包み方も特徴があり、三角形。
 まわりカリッ、中はやわらか〜くて1皿じゃ絶対足りない。

 ということで、おかわり。

 あれ?1皿目より盛り付けがキレイ(※美味しさは同じです)。
 2杯目は麦焼酎をストレートで。
 餃子は、注文してから1つ1つ包んでくれます。武ちゃんの餃子はあっさりしているからいくらでも食べられます。

 中の雰囲気はこんな↓です。

 右の青い服を着て頭に鉢巻を巻いているのがここの主=武ちゃん。
 店内は常に満席で、武ちゃんの餃子を食べたくて外で待っている人もいました。あんまり待たせてはいけないと思い、早めに切り上げて2軒目へと向かいました。

 ご馳走様でした。本当に美味しかったです。
 近いうちにまた行くからね、武ちゃん♪