京都在住7年目のフードコーディネーター・フードアナリストです。
4月から沖縄生活始めます。

mailはこちらへ sachico.st@gmail.com
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
もつ鍋あんこ
 

寒さが本格的になってきましたね。先月の今頃は確か半袖で過ごしていたはず…
これ以上寒くならなかったらいいのに、最低気温がここでストップすれば良いのに、と思ってしまいます。
私は週末静岡に行っていたのですが、やっぱり静岡は暖かい。 冬は雪も降らないしね、羨ましいです。 


寒くなってくると食べたくなるものがあります。
それは … ‘もつ鍋’ 。


木屋町通り、三条を下がった所にあります(こちらのビルの4階)
もつ鍋あんこ http://motsunabe-anko.com/ に、友人のマトちゃんと行ってきました。
2年ぐらい前に行って良かったので再訪問です♪


寒くても、やっぱり ‘まずはビール!’  。 プレミアムモルツ美味しっ♪


お店の一押し ‘上ホルモン鉄板焼’  は必食ですよ!!!
上ホルモンは和牛1頭に500gしか取れない貴重な部位。 適度な弾力があるけれど、ぷりんぷりん♪ぷりっぷりで柔らか〜い。 噛むと瑞々しくて濃厚な脂がじゅっわぁ〜っと口一杯に溢れます。 マトちゃんと何度も何度も美味しいね〜♪と大興奮しながらいただきました。
味付けは甘辛味噌。
食べながら「これ、絶対お代わりしよう♪」と言っていたのですが、結局お腹が膨れてしまって断念。 


もつ鍋は白味噌+豆乳ベースです。京都らしいですね。
こちらはまだ火をつける前の状態です。煮込んだ後の美味しそうな写真はこちらhttp://ameblo.jp/matochan700/entry-11396322900.html をご覧下さい。 私は食べるのに夢中で撮っていません(笑)

もつ鍋のスープは、醤油、醤油+ニンニク、塩、どれも美味しいのですよねー。でもやっぱり私は白味噌+豆乳ベースが好き。 こっくりとしたコク、じんわりとした甘さが体に染み渡ります。
食べ進んでいって最後の方になると水分が飛んでとろぉ〜り。更に濃厚に、そしてコクが増します。
豚足を2日間かけて煮込んだというコラーゲンボール(右側の丸っぽい塊がそうです)は、乾燥が気になるこれからの時期には嬉しいサービスですね。

お鍋って‘オーダーは2人前から’ の所が多いのですが、こちらでは1人前からオーダー可能です。ただ、1人前でも結構しっかりとした量があって2人でも程よい量ですよ。なのでもつ鍋の前に張り切っておつまみを頼み過ぎないように要注意!です。

〆はちゃんぽん or 雑炊、にすることも出来るのですが私たちはもうお腹が一杯だったので&2軒目も行くつもりだったので止めておきました。
炭水化物はお腹に溜まりますから、ね。

でも



サービスのアイスはしっかりいただきました(笑)
選べるアイスの種類はこーんなにあるのにマトちゃんと私、同じアイスを選んでいて笑ってしまいました。


この後は2軒目へ…
「はふう」で感激★
 

「何処でランチしようか〜?」と休日に先生(夫)と話し合うのは楽しいひと時です。

先生に出会う10年前までは、私はお肉よりもお魚を多く食べてきたと思うのですが今は断然お肉派。 歳を重ねるとお魚派になるというのは嘘ですね。 だって彼は50代ですが、確実にお肉派ですもの!

ということでランチは美味しいお肉がいただける所にしよう!と思って



はふう 御所南店 http://www.hafuu.com/goshominami/index.html へ。

ランチタイムは予約が出来ないとのことだったので11:30ちょっと過ぎに伺いました。 そして、早めに行って良かったと思いました。11:45分の時点ではポツポツと席が空いていたのですが12:15分が過ぎた頃ほぼ満席でしたから、行かれる方は念の為にお早めにどうぞ。


店内に入ると、黒板に産地の表示がされていました。 



ビールはミニサイズがあって嬉しいです。 お肉に合わせて赤ワインをいただこうと思っていたので、その前にちょこっとビールで喉を潤します。

先生がオーダーしたのは


ビフカツ ¥3990

ビフカツは特選牛(オージービーフとのこと)¥2990と 極上牛(和牛)¥3990がありましたが、私たち、お肉はやっぱり和牛が好きです。

1口目、柔らかなその食感に驚きました。驚いた顔のまま思わず先生と目を合わせてしまったほど!!  何、この食感。噛む力が必要ないほど柔らかくて、瑞々しくて、雑味は全くのない味。 脂っこさは感じられないのにスッと口の中で無くなってしまいました。 衣は薄くてサクッ!


私は


サーロインステーキ ¥3990

あっさりが好きな方は、フィレステーキもありますよ。 
焼き方はスタッフお薦めのミディアムレアでお願いしました。 白米、サラダ、お味噌汁、切り干し大根の煮物、こんぶ・お漬け物が付きです。


うわぁぁ。こちらも絶品。
噛みしめると脂がジワジワと出てくるのです。 
「柔らかければ良い」というものではないと思っているし、しっかりと噛み締めていただくお肉も好きですが… この口溶けは素晴らしいです。 お肉の表面の香ばしさ加減も絶妙。

そうそう、お肉の奥に添えてあるのは細めのナポリタン。


「はふうの肉かりぃ」をご飯にのせていただきます。
牛肉100%のミンチでカレーと、柚子コショウの入ったカレー。ペースト状のようになっていて、パンに塗ったり、おうどんにトッピングしても良さそうな感じです。



食後は紅茶かコーヒーのサービスもありました。

「はふう」の存在は前から知っていたのに、何で今まで行かなかったんだろう… と遅すぎる出合いにちょっと後悔。 いえ、これから通えば良いのですよね!

先生もとても気に入ったようなので、また訪問したいと思います。
今度は何をいただこうかな♪ と、つい今から考えてしまう(笑)
もう1度サーロインステーキ or ビフカツをいただきたい気もするし、タンシチュー、ハンバーグ、ステーキ丼も惹かれるなぁ。


もつ鍋食べ過ぎたーーー。
 
休業中のさちこです。

そう、左手首の痛み(TFCC)が悪化してしまったようで、治るまでカフェの仕事をお休みをすることにしたのです。最低1ヶ月間…。
うーん、まだお休みして3日しか経っていないというのに、もう1週間以上経っている気がします。 
私は仕事が大好きなので働けないことが辛くて、何だか色々とやる気がダウン↓↓してしまいました。

まぁ、悲観的になっても仕方がないのだけれど。
人生、こんな時もありますよね。 山あり谷あり。良いことばかりではないのです。
前向きに頑張ろっ★


よし! こんな時は美味しいものを食べに行きましょう!


ってことで…



先斗町の
もつ鍋 寅屋 http://r.tabelog.com/kyoto/A2603/A260301/26002696/ へ、マトちゃんと行ってきました。

こちらは、(食べログの評価で)京都で1番人気のもつ鍋屋さん。

‘予約は平日のみ可能で、週末&祝日の予約は不可’と聞いていたので、開店の10分前から(開店時間は17:00)お店の前で待機することにしました。私たちが1番乗りで、それからポツポツと開店をを待つ方たちが集まってきましたよ。
17:00ちょっと前になるとお店のスタッフから「ご予約されてますか?」と確認されて、マトちゃんと顔を見合わせてしまいました。
「え?週末は予約出来ないと聞いたのですが」と答えたのですが、どうやら出来る様子…

えーーーっ!どっちやねん!

ま、席が空いていたので良かったのですが。


店内はこんな感じです。


靴はそのまま、脱がなくて大丈夫。
私たちは奥の方に座りました。


まずは飲み物から。


食事の時は甘いドリンクをあまり飲まないのですが、マトちゃんに影響されて生貯蔵梅酒をロックでいただきました。仕上がりに火入れをしない生梅酒は、思っていたほど甘ったるくなくて美味しかったです。


つきだしは


おからのサラダ。 マヨネーズで和えてあるので尖っていないまろやかな味。
私は普段和食をあまりいただかないのですが、卯の花って大好きなんです! 味付けにマヨネーズを使う手もありなのねー、と1つお勉強になりました。


こちらもつきだしです。


なんて素敵な演出!



お鍋の前に、メニューを見て気になった2品をオーダーしました。



牛スジおろマヨポンズ。
九条ネギたっっっぷり! 歯ごたえを残した牛スジに、大根おろしマヨネ−ズがかかってあっさりな1品。 ビール、日本酒、焼酎…どれにも合いそうですよ。



すじ煮込み。
6時間煮込んだ牛スジはとぅるんとぅるん こういうの、大好きです!売り切れ御免の逸品だそうなので、お早めにご注文下さい。


久しぶりに梅酒を口にしたら‘梅酒モード’になったので、2杯目も梅酒を。


奥武蔵の梅酒。 1杯目の梅酒よりもあっさりとしています。


さぁさ、メインのもつ鍋です。


15分ぐらいで食べ頃になります。
もつ、こんにゃく、もやし、キャベツ、ニラ、湯葉、厚揚げが入っています。 味付けは京風=白味噌。


15分後


いただきまーーーす★

ふふふ。文句なしに美味しいです。
クツクツ煮込まれて、食べ進んでいく度にもつもお野菜もトロトロで濃厚になっていきます。

そして私たち、野菜&もつ両方ともお代わりしちゃいました。

で…

私もマトちゃんもお料理を残すことって滅多にしないのですが、どうしても最後の2〜3口が入らず、残してしまいました。ごめんなさい。
最初、飛ばしすぎたようで…反省。


でも、これに懲りずこの冬はもつ鍋屋さん巡りをしたいなぁと思っています。
体も心も温まるもつ鍋。いいですよね★
高島屋B1の
 
京都は‘牛肉が美味しい’ですよね。


「今日は美味しいステーキ or 焼き肉が食べた〜い!」という時には寺町三条の‘三嶋亭’や三条会の‘ミートショップヒロ’へ行くことが多いです。
質の良いお肉を手に入れられること確実!ですから。


そして「美味しいローストビーフが食べた〜い!」という時には高島屋の地下のお肉屋さん
‘ 堀川亭 ’がお薦め。



長いカウンターの1番右、下の段の



切り落としのローストビーフ(右側)
これが本当に美味しい★


国内産黒毛和牛のローストビーフ。
これが大好きで大好きで、もう何度‘堀川亭’に足を運んだことか…


噛みしめるほどに旨みがじわじわと感じられるローストビーフ。

私はローストビーフがだ〜い好きで色々なお肉屋さんのものを食べてきたのですが、堀川亭のローストビーフはトップ3に入るぐらい美味しいと思っています。
もう1軒、大好きなローストビーフがありまして…こちらは左京区のお肉屋さんなのですが、クリスマス時期限定(予約制)です。今年のクリスマスはまたこちらのローストビーフを予約しようかどうしようか只今考え中。


そうそう!ローストビーフってカロリーが高そうなイメージがあるけれど、実はヘルシーなんです。
脂肪の多い部位ではなく、赤身の部位が使われているのでたんぱく質が豊富。

今度家でも作ってみたいと思います♪




もつ鍋あんこ
 
昨日の夜はスタバ時代の友人Tと、もつ鍋を食べに行ってきました。

店名は もつ鍋あんこ 木屋町通り、四条を上った所にあります。
http://motsunabe-anko.com/index.html


大きな声では言えないけれど、ホントは他のもつ鍋屋さんに行こうと思っていたんです。京都でナンバー1人気の「〇屋」さん。 でも、1週間前に予約の電話をした時にはもう満席で、諦めざるを得なかったのです。
でもでも、どうしても‘もつ鍋’から離れられない私(今もつ鍋にはまっています)。 食べログを参考に、他店で探しました。
で、見つけたのがココだったというわけです。


もつ鍋なのに何で‘あんこ’??という質問はしないで下さい(笑) 私も何故か分かりません!

テーブル席につき、まず私は焼酎の‘天使の誘惑’(←ブランデーのような香りで美味でした!)、友人は梅酒。

もつ鍋は1人前から注文できるようです。まぁ2人なので2人前と、軟骨の唐揚げ(大好きです。これを頼むと、ついついずーーっと食べ続けてしまう)♪


こちらのスープは白みそ豆乳。
具は長ねぎ・キャベツ・お豆腐・ニラ・もつ。右の白いゼリー状のものはコラーゲンです。
(このお鍋の中身は1人前)


山盛りのお野菜も、グツグツ煮込むとこんなに嵩が減ってしまいます。

このぐらいになったら食べ頃♪
スタッフの方が頻繁に煮え具合をチェックしに来て下さって、混ぜてくれたので助かりました。


白味噌の甘みと豆乳の程良いコクが具材にぴったり合っています。
全ての具材、そしてスープも本当にまろやかでホッとする味でした。
これ、すごく好きーーー!!!
寒い時期にはもちろん、夏だって汗かきながらでも食べたいぐらい。


そうそう。もつ鍋あんこは、今秋あたりに東京の新橋に進出予定らしいです(店長情報)。
うん来て来て〜!!是非東京にも来てほしい。

でも・・・結局私が京都に遊びに来た時に、この木屋町(本店)に通うことになりそうですよ。

だってね

「2ヶ月に1度、京都へ泊まりに行ってもOK!」と先生が言ってくれたのです。 「毎月でもいいよ」と言ってくれたけど、さすがにそれは悪いかなぁと思うので2ヶ月に1度ぐらいのペースで通っちゃおうかな〜って思ってます。

何だか幸せ。


やっぱり、私は東京よりも京都の方が合っているみたいで、京都に居ると体も気分も楽なのです。

‘お肉’な気分な時はココ!


 イメージ的に「京都と言ったらやっぱり湯葉にお豆腐でしょ!それから生麩に京野菜ね!」となりがちだけれども、これは実は表向きな京都。
 私も京都へ引っ越してくるまではそう思っていました。湯葉、お豆腐、生麩、京野菜ももちろん美味しいです。美味しいですけど、京都に住んでみて分かりました。京都人の好きなもの・・・それはお肉。しかも牛肉。牛肉の消費量が全国でナンバー1なのです。

 月に数回「お肉が食べたーーーーいっ!」と思う時があります。そんな時に見つけたお店です。
 『てら参』 http://gourmet.yahoo.co.jp/0006716831/U0002134508/
 肉割烹のお店です。

 日本酒と合わせて頂きました。
 「お造りの盛り合わせ」は、もちろんお魚のではなく牛肉の。

 レバー・ツンゲ(タン)・ヘルツ(ハツ)・ロース・ミノの湯引き。新鮮です。全くクセがなく、噛みしめる度にじわじわとお肉の旨みが出てきます。ロースなんかは、卵黄とゴマ油を絡めて‘ユッケ’にして食べても美味しそう。

 「みすじのルイベ」は好きで、他の焼き肉屋さんでもメニューにあれば頼むほど。凍っている‘みすじのルイベ’を口に入れると、熱=体温でスーッと溶けてしまいます。脂が多いのにさっぱりとしているのが不思議。そしてほのかに甘い。

 「コールテール」はテールの煮こごりのこと。ゼラチンのちゅるん♪としたところがいいですねぇ〜。夏にもぴったりの1品だと思います。

 冷たいもの続きだったので次は焼き物です。
 「ロールのねぎ巻」は名前の通り、細ネギをお肉で巻いて焼いたもの。見た目は普通(←そんなことありません!)。1口で食べます・・・すると感動!お肉の脂がじゅわじゅわ〜っと口中に溢れ出す。お肉柔らか〜〜い!これは美味しいわ★焼き加減はレアとミディアムの間ぐらい。お肉の美味しさを感じられる、ベストな焼き加減。

 お肉続きなのに全然飽きない。
 最後はやっぱり「サーロインステーキ」!でしょ?文句無しに美味しい。

 お肉につけるのは辛子も良いけれど、私個人的には‘わさび’の方が好きです。 今度行ったら「わさびありますか?」と聞いてみようかな。

 お腹が一杯で(この後にケーキ買って帰ったくせに!)てら参の名物の1つ‘牛の煮込み’までたどり着かなかったのが心残り。
 次回は頂きたいと思います(^◇^)
 


 『てら参』
 add:京都市下京区 木屋町仏光寺角市之町260-1
 tel:075−344−6667
 open:17:00 〜 22:00 (日曜休み)
 

 

ユッケ好き
 
 1年前までは大の苦手だったというのに、今ではそれが信じられないほどユッケが好きです。

 きっかけはこのユッケ↓

 京都で有名なすき焼き・しゃぶしゃぶの専門店『モリタ屋』さん系列(?)のスーパーマーケットが猪熊通り四条上ルにあります。『Quality Food Market』(クオリティフードマーケット)といって、モリタ屋さんのお肉はもちろん、お野菜やお菓子、お魚・・・一般のスーパーマーケットと変わらない品揃え。
 こちらで購入できるユッケは鮮度が抜群に良いのです。絡めてあるタレがまたよぉくこのユッケに合っていて、独り占めしてしまいたい!と思ったほど。

 今度からは、ちゃんと1人1パック買ってこなければいけません。